1975年に彗星のごとく現われ、元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの“未公開ビキニ写真”が収録されたデジタル写真集が発売され、当時のビキニ写真が公開された。

【写真】アグネス・ラム、18歳の時の美しい白いビキニ姿

 未公開写真は70~80年代当時、アグネス・ラムを数多く撮影した写真家の長友健二氏と池谷朗氏の写真ファイルから発見されたもの。発見のきっかけになったのは、週刊ポストグラビア企画であり、現在は故人となった両氏の膨大な写真ストックの中から編集者が写真セレクト中に発見したそう。

 15種類のビキニと14種類の着衣で装ったアグネスの写真は、往年のファンだけでなくともまさにお宝。写真集では、この貴重なフィルムを最新のデジタル技術で高精細再現。当時は表現できなかった細部まで鮮やかなデジタル画像が届けられる。

 写真集の発売を受け、アグネスは「当時、私は高校を卒業したばかりの18歳でした。資生堂のCMの撮影でハワイに来ていたクルーのお世話をしていた日本人コーディネーターの方にスカウトしていただいてモデルの仕事を始めました」と振り返りながら、普段からビキニを着けたまま過ごしていたので緊張はしなかったこと、ビキニは全て自前のものだったことを明かしている。

 また、「今もこうやってファンの皆様に見てもらえる写真を撮ってくださった長友健二先生、池谷朗先生には感謝の気持ちでいっぱいです。双子の息子もそれぞれ結婚し、今はハワイで夫と穏やかに暮らしています。今も私のことを思い出してくれるファンの皆様、本当にありがとうございます」と感謝のコメントを寄せている。

 デジタル写真集『アグネス・ラム 砂浜の恋人』(撮影/長友健二、池谷朗)は小学館より配信中。

デジタル写真集『アグネス・ラム 砂浜の恋人』より(C)小学館