メキシコのティグレスは9日、ペルー代表DFルイスアドビンクラ(29)がラージョに完全移籍したことを発表した。

ペルー代表不動の右サイドバックであるアドビンクラは、2017年1月にブルサシュポルからティグレスに移籍。しかし、ティグレスでは出場機会を得られず、2017年7月に同じメキシコのロボスにレンタル移籍していた。

そして、2018年7月にラージョにレンタル移籍し、2018-19シーズンリーガエスパニョーラ28試合に出場して1ゴール4アシストと結果を残したが、チームは最下位に終わり2部降格となっていたが、完全移籍の形でチームに残留することとなった。

ペルー代表として70試合に出場しているアドビンクラは先日まで行われていたコパ・アメリカ2019でペルーの決勝進出に貢献していた。

サムネイル画像