2019年令和元年の今年、2回目の開催を迎える「長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~」は、今年も“ファミリーで楽しめるフェス”をテーマに、多彩な楽しみ満載です! 本格的なロックラップから、アイドル、演歌とバリエーション豊かなアーティストの競演は、幅広い年代の方々に野外フェスの楽しさを実感していただけるはずです。
 7月10日キャンプ・チケットの発売に際し、第2弾の出演アーティストの発表と、日割りの発表です!

10月12日(土)出演者(五十音順)
 KICK THE CAN CREWきゃりーぱみゅぱみゅ<NEW!>、DISH//、サンプラザ中野くん<NEW!>、BIGMAMAひなた、日向坂46<NEW!>、南こうせつ<NEW!>、横山だいすけ、wacci 
 MC:加藤諒<NEW!>、楠雄二朗/UK

10月13日(日)出演者(五十音順)
 天月-あまつき-<NEW!>、K-Musical Stars<NEW!>、C&K、琴音、TEAM SHACHI<NEW!>、DUBFORCE、つるの剛士、中澤卓也、小林幸子スペシャルゲスト
 MC:ファーストサマーウイカ<NEW!>、楠雄二朗/UK
 
……and more!
 
 小さなお子さんに人気の横山だいすけやつるの剛士、10代、20代の支持を集めるきゃりーぱみゅぱみゅや、注目のDISH//、音楽ファンが注目するKICK THE CAN CREW、C&K、BIGMAMA、そしてスペシャルゲストには、演歌の女王小林幸子が登場! 両日とも目を離せないラインナップです。今年もオープニングアクトオーディションで選抜された新人アーティストがつとめます。このフェスから誕生するよう、応援をお願いいたします。
 家族や友達と一緒に行きたい!という方のために、あらたにペアチケットもご用意しています。おとな2人以上でご来場を予定されている方には、こちらのチケットがお得です。(ペアチケット1枚につき、おとな2名、小学生以下のお子様4名が無料で入場できます)
 本日より、キャンプサイトのチケットが発売されます。今年はキャンプ会場を大幅に拡張し、多くのお客様に長岡米フェスの夜を楽しんでいただくことが可能となりました。キャンプ初心者の方でも楽しめるプランがあるので、ぜひお問い合わせください!
 また、昨年の開催で多くのお客様からご要望をいただきました会場内の駐車場チケットも近日中に発売開始予定です。また、JR長岡駅周辺、悠久山公園周辺からのシャトルバスと駐車場を合わせたパーク&ライドチケットも合わせて発売予定です。

【長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2019 開催概要】
■日時:2019年10月12日(土)、13日(日)
開場:9時30分 開演:11時  
終演:20時(予定)※雨天決行(台風などの荒天の場合は中止)
■会場:東山ファミリーランド新潟県長岡市栖吉町3300番地)
【チケット料金】
■好評発売中!
◎1日券  おとな:8,500円/ 中高生:4,000円/ 小学生以下:無料
◎2日券 おとな:16,000円/ 中高生:7,000円/ 小学生以下:無料
◎ペアチケット おとな:16,000円/ 中高生:7,000円/ 小学生以下:無料

■本日7/10より発売開始!
長岡市民割引先行チケット
1日券 おとな:7,500円/ 中高生:3,000円/小学生以下:無料
2日券  おとな:14,000円/ 中高生:5,500円/小学生以下:無料

 ◎米フェスオフィシャルキャンプサイトチケット
 A:フリーサイト 30,000円
 B:テント、マットレンタル付きサイト40,000円
 C:手ぶらでキャンプサイト55,000円

■近日発売開始予定!
 ◎JR長岡駅発着(往復)シャトルバス:1,000円/ 悠久山公園発着(往復):500円
 ◎シャトルバス付き駐車場券 悠久山公園発着(往復):2,000円
 ◎会場内駐車場:3,000円

※全て税込価格
キャンプサイト駐車場1台分付き
※1歳以上~小学生までのお客様は、成人同伴者1名につき、お子様2名の入場が可能
■主催:米百俵フェス有限責任事業組合
■共催:長岡市、米百俵フェス長岡実行委員会
■特別協賛:一般財団法人長岡花火財団
■協力:一般社団法人長岡青年会議所、
    NPO法人ネットワークフェニックス
■オフィシャルパートナーsnow peak、カトープレジャーグループ

【チケット販売などの公演情報】
■公式サイト
 https://www.comefes.net/
■公式Twitter
 https://twitter.com/n_comefes?lang=ja
■公式インスタグラム
 https://www.instagram.com/nagaoka_comefes/?hl=ja

配信元企業:株式会社キューブ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ