ジャニーズ事務所の代表取締役社長ジャニー喜多川さんが、2019年7月9日に入院先の病院で亡くなりました。原因は『くも膜下出血』、享年87歳でした。

悲しみが広がる中、1980年代アイドルグループ『シブがき隊』の一員として活躍していた、薬丸裕英さん・布川敏和さん・本木雅弘さんの3人がコメントを発表。ジャニー喜多川さんの死をしのびました。

薬丸裕英さんのコメント

1981年ドラマ『2年B組仙八先生』(TBS系)でデビューした後、『シブがき隊』として数々のヒット曲を歌ってきた薬丸さん。

同月10日にブログを更新し、恩師の訃報に涙を流したことをつづりました。

一晩、泣き明かしました。
人生の恩人の逝去…辛く悲しいです。

ジャニー喜多川社長に
出会わなかったら
今の自分はありません。

14歳から今日まで
ジャニーさんとの色々な想い出が
頭の中を駆け巡っています。

ジャニーズ事務所を退所した後も
年に数回、ご自身がプロデュースする
舞台に呼んで下さり、楽屋で近況など
お話させていただきました。

常にやさしく気遣いの方でした。
ジャニーさんには
感謝の気持ちしかありません。

本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします

薬丸裕英オフィシャルブログ ーより引用

布川敏和さんのコメント

布川さんも、同日にブログを更新。ジャニー喜多川さんの「優しさ」を振り返っています。

ニュース速報で、ジャニーさんが お亡くなりになられた事を知りました。
とてもショックでなりません・・・

僕が 15歳の時に、ジャニーさんのオーディションを受け、ジャニーズ事務所に入れて頂きました。
そして すぐに、ドラマ『2年B組 仙八先生』に、薬丸君と本木君と出演させて頂きました。
一年間のドラマの終わり頃に 「You達 三人で、グループデビューするから!」っと、ジャニーさんに伝えられた お言葉を今でも鮮明に覚えております。
そして、シブがき隊が生まれたのです。
右も左も解らなかった デビューしたての僕らに、ステージ上での立ち振る舞い方や、歌っている最中の表情、目線の位置、事細かく指導して下さいました。
いつも優しいジャニーさんは 合宿所でも、 「You達、お腹空いてるんじゃない?」っと、よく スパゲティを作ってくれました。 それがとても美味しのです。
その他にも、ジャニーさんとの思い出は 沢山あります。
シブがき隊が解散して 30年も経ちますが、どれも忘れる事が出来ません・・・

ジャニーさんと出会わなければ、今 僕が芸能界で お仕事をさせて頂いている事も無かったでしょう。
感謝してもし切れません。
ジャニーさん、本当に どうも有難う御座いました。

心から御冥福をお祈り致します。

布川敏和オフィシャルブログ ーより引用

本木雅弘さんのコメント

また、同日放送の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、ジャニー喜多川さんの訃報に対する本木さんのコメントを紹介。

本木さんは、所属事務所を通してジャニー喜多川さんとの思い出を次のように語っています。

14才の終わり、「じゃあ来週からね」と、親愛の込もった笑顔で改札まで見送っていただきました。

帰路の電車の中で止まらなかったあの大望に満ちた胸の高鳴りが自分の原点です。

心よりの感謝と、ご冥福をお祈り申し上げます。

めざましテレビ ーより引用

自ら舞台上での振る舞いかたを指導し、スパゲティを作るなど、しっかりと3人のサポートをしていたジャニー喜多川さん。

『人としての温かみ』が伝わってくるエピソードの数々に、多くの人が胸を打たれています。


[文・構成/grape編集部]

出典
薬丸裕英オフィシャルブログ布川敏和オフィシャルブログめざましテレビ