アメリカデラウェア州に住む5歳のティミー・ビックくんはアメリカプロレス団体『WWE』の熱狂的なファン

2才の時に自閉症と診断された彼は、2018年脳腫瘍を患っていることが判明します。

そこで彼の父親は、腫瘍の摘出手術を受けることになったティミーくんのために、特別なプレゼントをあげることに決めます。

それはWWE』のチャンピオンベルト。ティミーくんは毎晩、プロレスのベルトを枕元に置いて一緒に眠り、そのベルトから病と闘う勇気をもらっているといいます。

病気の息子のためのベルトが盗まれる

ティミーくんの両親はチャンピオンベルトのレプリカを購入。さらにそのベルトをより本物に近づけるために、埋め込まれているプラスチックの宝石をキュービックジルコニアなどに換えようと考えます。

そこで父親はプロのベルト職人セルジオ・モレイヤさんに協力を依頼。すると事情を知ったセルジオさんはティミーくんのために無料でベルトのカスタマイズを快諾してくれたのです。

ティミーくんの父親はすぐにセルジオさん宛てにベルトを郵送。配達時、セルジオさんが不在だったため、荷物は玄関先に置かれました。

するとその後、2人組の女がベルトの入った荷物を盗んでいったのです。犯行の様子は監視カメラにバッチリと映っていました。

この映像は警察のFacebookで公開されました。またセルジオさんは自ら地元のTV局『KIRO7』に連絡し、メディアを通じて犯人へ呼びかけたのです。

「(ベルトを盗んだ)犯人たちに知ってほしい。君たちはそのベルトが手元に戻ってくるのを心待ちにしている5歳の少年の希望を盗んだんだ。

(ティミーくんの)父親は多くのお金を持っていない。でも彼は息子に素晴らしいギフトをあげたかった。だから私は無償でベルトのカスタマイズを引き受けたいと申し出た。

告発はしないから、どうかそのベルトを返してほしい」

KIRO7 ーより引用(和訳)

ベルトを盗んだ犯人が涙の謝罪

セルジオさんがTVのニュースに出演してから2日後、なんと犯人が盗まれたベルトを返しにきたのです。

そこには4枚にわたる、犯人からの謝罪の手紙が同封されていました。

Ladies and gentlemen, the media works!!! All belts have been returned with apology note!

Posted by Serg More on Wednesday, June 26, 2019

上の写真はカスタマイズ前のベルトを手にして笑顔を見せるティミーくん。セルジオさんはベルトが完成次第、彼に送り返す予定だということです。

このストーリーは多数のメディアで報道され、地元警察や保安官事務所Facebookにはティミーくんの手術の成功を祈る声や犯人たちへ恩赦を求めるメッセージなどが寄せられています。

玄関先に置かれた荷物を盗む窃盗犯は『ポーチ・パイレーツ』と呼ばれ、その被害はアメリカで後を絶ちません。

金額の大小にかかわらず、窃盗は犯罪です。盗まれた品物が今回のように、誰かにとってかけがえのないものである可能性もあるのです。

ティミーくんが両親の愛情が込められたチャンピオンベルトから勇気をもらい、手術と治療を乗り越えて再び元気に過ごせるようになることを祈ります。


[文・構成/grape編集部]

出典
Edgewood PDKIRO7Pierce County Sheriff's DepartmentSerg More
Pierce County Sheriff's Department