日本の芸能界において絶大な存在だったジャニー喜多川さんが、7月9日午後、都内の病院で亡くなりました。87歳でした。ジャニーさんといえば、ダイアモンドの原石である少年たちの才能を見出し、磨き上げ、国民的スターまで育て上げる手腕は誰もが認めるところ。

そんなジャニーさんが特に目をかけて愛したと言われている、いわゆる“スペオキ(スペシャルお気に入り)”のジャニーズメンバーは誰なのか。ジャニーさんと彼らに関するエピソードを紹介していきたいと思います。

まず、ジャニーさんの自宅に夜中、ふらっと遊びに行ける間柄であることを公言していたのが山下智久さんとKAT-TUN亀梨和也さんコンビです。山下さんは2017年10月2日放送の自身のラジオSound Tripper!』(InterFM897)にて、亀梨さんから夜11時ころに突然、ジャニーさんの自宅に一緒に行こうと誘われたことを明かしています。

参考記事:山下智久独立話が浮上 やはり海外進出が視野に? 母親の夢を実現させる為か | TABLO

山下さんは亀梨さんと連れ立ってジャニーさんの自宅を訪問、ジャニーさんは突然の訪問に驚きながらも対応してくれたとトーク。「ジャニーさんパジャマでウトウトしてるんだけど。そこで、亀のコンサート……ソロでコンサートやってるからね。それを流しながら。いろいろ話しながら、みたいな。楽しい時間でしたね」と語っていました。

「ソロ活動ができているというのが、そもそもジャニーさんのお気に入りであるという証なのですが、その中でも『修二と彰』のコンビシングル青春アミーゴ』を100万枚売り上げる実績を残した亀梨さんと山下さんは、自宅に突然押しかけても許されるほど実力とスター性を認められた2人でしたね」(音楽事務所勤務)

次に、「ジャニーさんが大好きな顔面」を持っていると言われているのが嵐の松本潤さんとSexy Zoneの佐藤勝利さんです。嵐の松本さんは、ジャニーズ事務所履歴書を送ったところ、ジャニーさん本人から「レッスンにおいで」と言われ、オーディション無しで入所したことを公言しています。また、佐藤さんはジャニーズJr.で長年人気を誇っていた中島健人さんと菊池風磨さんを差し置き、入所11か月でSexy zoneセンターに大抜擢。今でも“不動のセンター”と言われています。

「2人に共通するのは、偉大なジャニーズOB・郷ひろみさんを彷彿とされる眉毛の凛々しさ、瞳の美しさですよね。誰もが観た瞬間にハッとする華やかなオーラをまとっているこの2人をジャニーさんは溺愛していたと言われています。ジャニーさんが倒れた後、病状についての情報開示を任されたのが嵐で、その中でも松本さんメインになって説明していたことから、ジャニーさんからの愛と信頼が窺い知れますよね」(テレビ局勤務)

関連記事:松本潤が結婚を決意との情報 それに伴い出版される可能性の高い「暴露本」 今は”嵐”の前の静けさか | TABLO

そして、有無を言わさぬ“一番のスペオキ”と言われているのが、Kinki Kids堂本剛さんと中山優馬さんです。

剛さんに関しては、過去、ジャニーさん所有のタワーマンションの一室を譲り受けたという報道があります。そして優馬さんに関しては2009年Kinki KidsやV6を差し置き、異例の大抜擢で所属していたグループ・NYCが紅白に出場。ジャニーズファン以外にはほぼ無名のグループだったのにもかかわらず、そのまま2012年まで4年連続出演するという大プッシュを受けていたことから“スペオキ”認定されています。

「剛さんはメンタルを崩したり突発性難聴になるなど、デビュー後に大きな病気に悩まされることが多い人物。そのせいか連続ドラマの主演といったハードな仕事をやらずに、ソロ活動で好きな音楽であるファンクミュージックを追求するなど、他の同世代のジャニーズタレントに比べるとマイペースに仕事をしている印象があります。そんなことができるのも剛さんが“スペオキ”だから。優馬さん所属のNYCが異例の大プッシュをされていたのは、ひとえにジャニーさんの意向によるものだと言われていました」(芸能事務所勤務)

ジャニーさんに特に愛されたといわれるジャニーズタレントたち。今、深い悲しみの中に沈んでいるのではないでしょうか…。(文◎小池ロンポワン)

あわせて読む:Hey!Say!JUMPの伊野尾慧くん、宇垣美里アナと交際継続していた!? 関係者が危惧する「女子アナフェチ」 | TABLO

写真はイメージです