キヤノンシステムアンドサポートは、定期的に無料セミナーを開催し、お客さまに最新のIT情報や活用事例、経営ノウハウなどをお届けしています。
近年、ビジネスにおけるコミュニケーションの手段として、チャットツールプロジェクト管理ツールも使われるようになってきたものの、まだまだメールの使用シーンは多く残っています。

2018年の調査※1によると、個人情報漏えいの原因の63%が「紛失・置き忘れ」「誤操作」「管理ミス」のヒューマンエラーでした。また、媒体・経路別でみると電子メールが21.4%となっており、メール誤送信対策が急務となっています。

しかし、何から手をつければいいのか。
取引先から言われて対策を検討しないといけないが、どうしたらいいのか。
他社はどんな対策をやっているのか。

このような悩みはありませんか。

本セミナーでは、サイバー脅威の変遷と今すぐ始めるメール誤送信対策について事例を交えご紹介します。
講師:キヤノンマーケティングジャパン株式会社

●お申込み&詳細●
https://www.canon-sas.co.jp/ev/detail.html?eventid=20190726001&area=04

開催日:2019年7月26日(金) 15:30~16:30
会場:キヤノンシステムアンドサポート 東京支社 神田セミナールーム
千代田区神田須田町1-23-1住友不動産神田ビル2号館14F
定員:25名
参加費:無料 <事前予約制>
受付締切:2019年7月25日(木)

お問い合わせ:セミナー事務局 TEL:03-6757-2670
主催:キヤノンシステムアンドサポート株式会社

※1:出典 NPO日本ネットワークセキュリティ協会 「2018年情報セキュリティインシデントに関する調査結果~個人情報漏えい編~(速報版)」媒体・経路別 漏えい件数の経年変化

配信元企業:キヤノンシステムアンドサポート株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ