2019年7月4日発売「モーニング」2019年31号 裏表紙

2019年7月4日発売「モーニング」2019年31号 裏表紙

〈三田紀房氏、小山宙哉氏、ツジトモ氏、鈴ノ木ユウ氏に1週間の休暇〉
サントリー食品インターナショナル講談社は、サントリー緑茶「伊右衛門」と講談社「モーニング」とのコラボレーション企画として、「モーニング」に連載中の人漫画家4名に、リレー形式で1週間の休暇をプレゼントするプロジェクト7月11日から始動する。
こころにざわつきを抱えた現代人に、お茶を飲んでホッとしてもらいたい”という想いを持つサントリー緑茶「伊右衛門」と、“漫画を通して、世の中の人こころを豊かにしたい”という想いを持つ講談社「モーニング」が、「漫画家にも、こころに、お茶を。」というコンセプトのもと、多忙な漫画家に休暇をプレゼントするプロジェクト

既に、7月4日発売の「モーニング」裏表紙には、「先生。こころに一息、入れてください。」のキャッチを掲げ、漫画家へのメッセージを掲載した。休暇をプレゼントする漫画家は、「ドラゴン桜2」の三田紀房氏、「宇宙兄弟」の小山宙哉氏、「GIANT KILLING」のツジトモ氏、「コウノドリ」の鈴ノ木ユウ氏の計4人。

漫画家の休暇中には、別の漫画家が代わりに描き下ろした作品のイラストメッセージで構成するスペシャルコンテンツを誌面掲載するという。第一弾は7月11日発売「モーニング」2019年32号で、休載する「ドラゴン桜2」のキャラクターを「コウノドリ」の鈴ノ木ユウ氏が描き下ろしたイラストを掲載する。
スペシャル描き下ろし絵手紙 from 鈴ノ木ユウ(コウノドリ)

スペシャル描き下ろし絵手紙 from 鈴ノ木ユウ(コウノドリ)

サントリー食品インターナショナルによると、今回の企画は、多忙な日々を送る漫画家のみなさんに、「伊右衛門」が提供するブランド価値「こころを笑顔にする老舗茶舗の心遣い」にもとづいて、ほっと一息ついて1週間の休暇を過ごしてもらいたいと考えて立ち上げた。休暇中、漫画家たちにはゆっくり休んだり、今までやりたかったことや趣味などを思う存分満喫して、心をリフレッシュし、次回作に向けて英気を養ってもらうという。

休暇をプレゼントされる漫画家たちのコメントは以下の通り。

▽三田紀房氏=1週間、のんびり過ごしていいんですか? ありがとうございます! 有意義に活用します。

▽小山宙哉氏=せっかくいただいたお休みなので、お茶でも飲みながらのんびり過ごします。ありがとうございます!

▽ツジトモ氏=お陰様でリフレッシュできます! これからも応援よろしくお願いします!

▽鈴ノ木ユウ氏=突然のお休みのご褒美、何も考えずにボーっとしたいです。それが一番の贅沢だと感じております。

なお、キャンペーン特設サイトでは、漫画家スペシャル描き下ろしコンテンツに加え、その他コンテンツも公開予定。

◆「伊右衛門」×「モーニング」特設サイト=https://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/green_tea/morning

2019年7月4日発売「モーニング」2019年31号 裏表紙