モデルプレス=2019/07/10】欅坂46キャプテン・菅井友香が8日、月曜レギュラーを務める生放送ラジオ『オテンキのり&欅坂46菅井友香のレコメン!』(毎週月曜深夜12時~)にて、富士急ハイランドで行われた「欅共和国2019」の裏話を明かした。

【写真】欅坂46菅井友香、ランジェリーカット公開「くびれを褒めてもらえるのは嬉しいですね」

◆菅井友香ら「欅共和国2019」開演前に富士急ハイランド満喫

7月5日~7日の3日間に渡って開催された「欅共和国2019」。ライブは夕方からだったが、早朝からグッズのために並んでいるファンも多数おり、開園前の遊園地から「ジェットコスターに乗って叫んでいる声がした」ということで「メンバーかな?」とネット上で話題となっていた。

この日のラジオで菅井は「今回も(絶叫系に)乗りました。(ライブの会場が)富士急ハイランドなので、朝の開園前に特別に乗らせていただけるんですよ」とジェットコスターに乗っていたのは欅坂46メンバーだったことを明かした。

「去年は起きられなかったのですが『今年は絶対に行くぞ!』と2日目の朝に行きました!」と同公演から活動を復帰させた原田葵を含め、土生瑞穂、守屋茜、武元唯衣の5人でジェットコスターに乗ったようで、「起きてすぐFUJIYAMAに乗りました」と報告。

番組のパーソナリティをともに務めるオテンキのりが「聞いたことないよ…。寝起きでFUJIYAMAでしょ?すごいな」と驚くと、菅井は「良い目覚めでした!高飛車も乗りました!本当に好きなんです」と富士急ハイランドの名物である最恐コースターの名前を連発して、さらに驚かせていた。

◆守屋茜、自らスタッフに交渉

また「(守屋)茜が特に、毎年ノリノリなんです。『今回はアトラクションに乗れないんですか?』とスタッフさんに交渉してくれる」と守屋が自らスタッフに交渉していることを告白。

そして「ジェットコスターも最前確保って感じで、1番前に乗っています。茜の体力って本当にすごい」と感心していた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

Not Sponsored 記事】

菅井友香、守屋茜 (C)モデルプレス