世界中で大ヒットしたディズニーアニメーション映画アナと雪の女王』の続編『アナと雪の女王2』の日本版キャストとして、松たか子と神田沙也加の続投が発表された。併せて日本版吹き替え特報映像も初解禁となった。

【写真】『アナと雪の女王2』場面写真&ティザービジュアル

 日本で史上最も愛されたディズニー作品として君臨する前作『アナと雪の女王』。興行収入約255億円、観客動員約2000万人という驚異的な数字で日本の歴代興行収入第3位を記録するなど“アナ雪”旋風を巻き起こした。

 約6年ぶりの続編となる本作は、エルサ役のイディナ・メンゼル、アナ役のクリステン・ベルの続投が決定。監督も前作に引き続きクリスバックジェニファー・リーが務める。

 先日、日本版特報映像が初解禁され、前作では語られなかった「エルサの力の秘密」が描かれることが判明。そして今回、前作の日本版キャストとして圧巻の歌声を披露した松と神田が、最新作でも続投することが決定。2人がボイスキャストを務めるエルサとアナの声が収録された吹き替え版特報映像が初解禁された。映像には、「約束よ。何があっても一緒だって」というアナの声と、海に向かうエルサが「行くわ」という声が収められている。

 今回の続投決定を受けて、松は「エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです」とコメント

 神田は「より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです」とアピールする。前作では「Let It Go」や「生まれてはじめて」などの名曲の数々が生み出されたが、「前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります」と意気込みを語った。

 映画『アナと雪の女王2』は11月22日より全国公開。

(下段左から)『アナと雪の女王2』で日本版キャストで松たか子と神田沙也加が続投(C)2019 Disney. All Rights Reserved.