世界各地に店舗を展開し、多くの人々に美味しいフライドチキンを提供しているお店の1つといえば、「ケンタッキーフライドチキンKFC)」。

しかし「ケンタッキーフライドチキンKFC)」では、世界各国で画一的なメニューを販売しているわけではなく、それぞれの国の人々のニーズや嗜好に合わせてメニューの内容を変えています。

例えば、ミャンマーの旧首都ヤンゴンではクリスピーな唐揚げカレーを楽しめますし、タイのケンタッキーではタイのKFCオリジナルメニュー「カオ・ヤム・ガイセープ」が、そしてインドネシアでは「ベントー ジャパニーズ オリエンタル(BENTO Japanese Oriental)」というメニューを楽しむことができます。

今回ご紹介するのは、「日本のケンタッキー」ならではの絶品メニュー、その名も「ケンタ丼」と「焼鳥丼」です。

・販売しているのはたったの全国で6店舗のみ
実は今回ご紹介するメニュー、販売を行なっているのは東日本で4店舗(東京スカイツリータウン・ソラマチ店、東京・御徒町店、JRA府中競馬場店、楽天生命パーク宮城店)、西日本で2店舗(阪神甲子園球場店、関西学院大学店)のみの、全国で6店舗のみとなっています。

・天丼とケンタッキーフュージョン料理、それが「ケンタ丼」
まず「ケンタ丼」ですが、骨なしチキンカーネルクリスピー」が2ピース、そしてオリジナルケンタッキーの衣をまとった、さつまいもしいたけししとう天ぷらライスの上にならび、そのネタの上には特製の天丼の甘辛いタレがかけられています。

通常の天ぷらとは異なり、ケンタッキーオリジナルスパイスの効いた天ぷらは、チキンだけでなく、さつまいもしいたけししとうはそれだけでも美味しく味わえるので、野菜の天ぷらシリーズを販売してほしいと思えるほどです。

そこに和風の甘辛い天丼のタレが加わることで、ケンタッキーの美味しさと和風のタレとが見事に調和しており、単なる天丼の域をはるかに凌駕する、非常に美味しい丼となっています。

2011年から知る人ぞ知るメニューとして愛されてきている理由も納得の味わいです。

・ボリューム満点の美味しい鳥弁当、それが「焼鳥丼
焼鳥丼」の方は、期待通りの美味しいお弁当です。

しっかりとタレでローストされた焼き鳥は非常に食べ応えたっぷりで、ボリューム満点。

錦糸卵のアクセントも非常に嬉しい味わいで、甘すぎない絶妙の照り焼き丼が実現されています。

こちらの「焼鳥丼」からも日本のケンタッキーの底力を感じることができる味わいでした。



なかなか出会えないケンタッキーオリジナルメニューケンタ丼」と「焼鳥丼」。

もし見つけたらぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

ケンタッキーフライドチキン
オフシャルサイト https://www.kfc.co.jp/top.html

ケンタッキーフライドチキンの激レアメニュー「ケンタ丼」は天丼を超えたまさに新感覚の天丼!