妖怪ウォッチ」「レイトン教授シリーズを手掛ける、レベルファイブ日野晃博が製作総指揮、原案、脚本を務め、高畑勲監督のもとで数多くのスタジオジブリ作品を手掛けてきた百瀬義行が監督、日本を代表する作曲家である久石譲が音楽を担当というドリームチームが集結した超大作が、8月23日(金)から公開されるアニメーション映画二ノ国』だ。このたび、そんな話題作の魅力が1分でわかる特別映像が到着。本作のマスコットキャラ的存在の妖精ダンパ(梶裕貴)が、“二ノ国”の世界を解説してくれている。

【写真を見る】梶祐貴が声を務める妖精ダンパ!つぶらな瞳とファッションが可愛すぎ

ダンパの吹替えを担当するのは梶裕貴。「進撃の巨人」のエレン・イェーガーや「七つの大罪」のメリオダスなど、数々のヒットアニメ主人公を演じる人気声優だ。映像は「僕の名前はダンパ!」とまるで子猫のような可愛らしい姿のダンパの自己紹介で始まる。“二ノ国”は、主人公のユウ(山﨑賢人)やハル(新田真剣佑)、コトナ(永野芽郁)が住む現実の世界“一ノ国”と隣り合わせに存在する魔法世界だというダンパ。街には活気が満ち、緑が溢れ、獣人や妖精など様々な種族が暮らしている。ダンパは“二ノ国”に住まうコトナと瓜二つのアーシャ姫のお世話係をしているが、ある日、呪いによって姫に命の危機が及んでしまう。“二ノ国”に迷い込んだユウとハルが姫の命を救うも、「コトナの命を救うには、アーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールが浮き彫りになってきて…。“大切な人の命”という究極の選択を突きつけられるユウとハル。2人が最後に選んだものとは?

ダンパを演じた梶は「アーシャ姫はおてんばなので、ダンパみたいなしっかり者がいないと大変なんです。ダンパとアーシャのやり取りは見どころですよ!」と見せ場を語っている。梶を始め、宮野真守津田健次郎坂本真綾山寺宏一といった豪華声優陣の参加も話題となっている本作。今回の特別映像でその壮大な世界観を予習し、山﨑と新田演じる親友同士の三角関係、命を巡る熱いドラマの全貌を、ぜひ劇場で見届けてほしい。(Movie Walker・文/編集部)

1分で魅力がわかる『二ノ国』特別映像が到着