日本女子アマチュアテニス界最高峰の大会「ソニー生命カップ第41回全国レディーテニス大会」(特別協賛:ソニー生命保険株式会社)がいよいよ全国各地で始まります。

本大会は女性の健康増進および市民スポーツとしてのテニスの発展を目的とし、1979年より開催されています。通算で参加者数は延べ約41万人に上り、今年で第41回を迎える伝統ある大会です。

7月初旬から始まる都道府県大会では、全国各地で都道府県の代表を目指して女子ダブルスの手に汗にぎる熱戦が繰り広げられます。試合のほかにも親睦試合による参加選手間の交流も行われます。また、ソニー生命のライフプランナーは各地域で飲料の提供やお楽しみ抽選会を行い大会のサポートを行っています。(一部地域を除く)
幅広い世代でテニスを楽しんでいただけるよう60歳以上の方を対象とした「ベテラーノ大会」を今年も開催します。(一部地域での開催となりますので、詳細は公式ホームページをご確認ください)

11月7日(木)~9日(土)に東京都昭島市「昭和の森テニスセンター」で開催される全国決勝大会では、代表切符を手にした各都道府県代表3組47チームによる団体戦トーナメント方式でのチーム戦が行われます。

昨年は、記念すべき第40回大会を迎え、決勝戦では秋篠宮皇嗣妃殿下に御台覧いただきました。妃殿下からは「テニスがしたくなりました」「長く続いてきたこの大会をこれからも続けていただきたい」との御感想を賜りました。

試合では怪我を抱えた選手もいながら「チーム力と大応援団の声援を力に」埼玉県が16年ぶり5回目の優勝を収めました。

配信元企業:全国レディーテニス大会事務局

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ