楽天生命パークで「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」が開催

 7月11日楽天生命パーク宮城にてファームの球宴、「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」が開催される。イースタン・リーグ選抜とウエスタン・リーグ選抜に分かれて争うこの試合。出場資格は、過去に「フレッシュオールスターゲーム」への出場経験なし、もしくは1度のみしか出場したことがなく、支配下登録及び、育成選手登録期間が5年以内であり、本年度の各リーグの公式戦に出場した選手に与えられる。

 スター選手への登竜門としても注目を集めるこの試合。かつてこの舞台で1軍への足がかりを作り、スターへの階段を駆け上がったパ・リーグの選手たちを紹介する。

里崎智也千葉ロッテ1998年ドラフト2位・2001年MVP選出(東京ドーム)イ10-4

 代打として途中出場し、2打数1安打3打点と存在感を示し、MVPに選出された。ここから年々出場機会を増やし、2005年には規定未達ではあったが、打率.303を記録。2006年から2年連続で連続でゴールデングラブ賞を受賞するなど、千葉ロッテの扇の要として攻守に渡って活躍。第1回WBCでは日本代表の正捕手に抜擢され、ベストナインに選出される活躍を見せ、名前を轟かせた。2014年に現役を退き、現在はマルチに活躍している。

今江年晶千葉ロッテ2001年ドラフト3位・2003年MVP選出(札幌ドーム)イ4-3ウ

 この試合で勝ち越しの3点適時三塁打を放ち、MVPに選出された。2年後の2005年には自身初の規定3割を達成、同年の日本シリーズでは16打数8安打の大暴れを見せ、MVPを獲得。第1回WBCでは、決勝タイムリーを放つなど4打点を挙げ、優勝に貢献した。2016年にFAで楽天に移籍、現在は戦線を離脱しているが、ベテランとしてのチームへの貢献度は大きいだけに復帰が待たれる。

中田翔北海道日本ハム2007年ドラフト1位・2009年MVP選出(札幌ドーム)ウ0-7イ

 北海道日本ハムの本拠地で行われたこの試合に「4番・一塁」で先発出場。4打数2安打2打点1四球と4番としての仕事を果たし、MVPに選出された。ここから徐々に1軍での出場機会を増やし、2014年2016年には打点王のタイトルを獲得。これまでにベストナインゴールデングラブ賞をともに3度受賞するなど、リーグを代表するスラッガーとして活躍を続けている。

井上晴哉千葉ロッテ2013年ドラフト5位・2014年MVP選出(長崎)ウ6-7イ

「5番・指名打者」で先発出場し、2本塁打を含む3安打3打点と圧倒的な打撃を披露。イースタン・リーグの勝利を決め、文句なしのMVPに選出された。以降3年間は、自慢の長打力は鳴りを潜め2本塁打と1軍で力を発揮することはできなかったが。2018年に4番打者に定着。133試合で24本塁打99打点、打率.292ブレイクを果たした。

有望株が一同に会す注目の一戦

 MVPだけでなく、優秀選手賞からも、主力選手が少なからず輩出されている。2018年にパの本塁打王となった山川穂高選手や、先発として実績のある武田翔太投手、東浜巨投手、上沢直之投手。また、2018年に優秀選手賞を受賞した周東佑京選手と清宮幸太郎選手、同年に勝利投手となった高橋礼投手など、現在第一線で活躍中の若手もここから活躍の場を広げた。

 このように若手の登竜門として縁起の良い「フレッシュオールスターゲーム」。2018年甲子園を沸かせた、吉田輝星投手、小園海斗内野手根尾昂内野手藤原恭大外野手が一同に会する今年は、例年より注目度が高くなっている。他にも、交流戦首位打者に輝いた中川圭太選手や、すでに一軍で4勝を挙げている松本航投手など、有望株が多く出場するこの試合をきっかけに、1軍へ駆け上がるのはどの選手か。新たなスター誕生の瞬間を見逃すな!

◆「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」出場選手

イースタン・リーグ

○投手
戸郷翔征(巨人)18年6位
清水昇ヤクルト)18年1位
中村稔弥(ロッテ)18年5位
中川虎大(DeNA)17年育成1位
松本航(西武)18年1位
本田圭佑(西武)15年6位
吉田輝星日本ハム)18年1位
鈴木遼太郎(日本ハム)17年6位

○捕手
岸田行倫(巨人)17年2位
石原彪(楽天)16年8位

内野手
宮本丈ヤクルト)17年6位
茶谷健太ロッテ)15年4位
伊藤裕季也DeNA)18年2位
知野直人(DeNA)18年6位
西巻賢二(楽天)17年6位
西川愛也(西武)17年2位
野村佑希(日本ハム)18年2位

外野手
山下航汰(巨人)18年育成1位
中山翔太ヤクルト)18年2位
藤原恭大ロッテ)18年1位
小郷裕哉(楽天)18年7位

ウエスタン・リーグ

○投手
馬場皐輔(阪神)17年1位
齋藤友貴哉(阪神)18年4位
吉住晴斗(ソフトバンク)17年1位
板東湧梧(ソフトバンク)18年4位
張奕(オリックス)16年育成1位
島内颯太郎(広島)18年2位
梅津晃大(中日)18年2位
山本拓実(中日)17年6位

○捕手
片山雄哉(阪神)18年育成1位
石橋康太(中日)18年4位

内野手
熊谷敬宥(阪神)17年3位
小幡竜平(阪神)18年2位
増田珠(ソフトバンク)17年3位
三森大貴ソフトバンク)16年4位
中川圭太オリックス)18年7位
林晃汰(広島)18年3位
小園海斗(広島)18年1位
根尾昂(中日)18年1位

外野手
根本薫(オリックス)16年9位
佐野皓大(オリックス)14年3位
正隋優弥(広島)18年6位(「パ・リーグ インサイト」鈴木海斗)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

左上から時計回りに井上晴哉、中田翔、今江年晶、山川穂高【画像:(C)PLM】