パイオニアは、7月13日(土)にTBS生放送される音楽特番「音楽の日2019」のスタジオに、CSR活動の一環として当社の「ボディソニック(体感音響システム)」を設置します。

 同番組は、2011年東日本大震災を受け、音楽・歌の力で日本に元気を届けるために始まった番組で、9回目となる今年のテーマは「汗」。日本各地からの中継を交え、夢のために、誰かのために、みんなのために汗をかいて頑張る人々を、さまざまなアーティストが歌で応援します。約13時間にわたり生放送される同番組のスタジオには、音を振動に変える「ボディソニック」を設置した席が設けられ、聴覚障がいをお持ちの方が招待されます。同番組のスタジオへ聴覚障がいの方をお招きし、生のパフォーマンスを体験していただくのは初の試みとなります。

 「ボディソニック」は、音を振動に変える振動装置を内蔵したポーチと座布団クッションで構成される音響システムで、当社が1992年から開催している聴覚に障がいをお持ちの方でも音楽を心から楽しめるCSR活動「身体で聴こう音楽会」でも使用しています。補聴器をお使いの難聴もしくは中途失聴の方からも「通常よりも音楽をより良く聴くことができる」とコメントをいただくなど、ヘッドホンなどからの音とともに全身で音楽を楽しむことができます。

パイオニア 身体で聴こう音楽会 : https://jpn.pioneer/ja/corp/society/karadadekikou/


【番組概要】
タイトル : 「音楽の日2019」
放送日時  : 2019年7月13日(土) 第1部 14:00~21:54
      第2部 23:45~翌朝5:00
ご招待時間 : 第1部の14:00~16:00

*番組の詳細につきましては、下記専用サイトをご覧ください。 https://www.tbs.co.jp/ongakunohi/


【ボディソニック(体感音響システム)】
 音を振動に変えることにより、全身で音楽を楽しめるシステム。ポーチ、座布団クッションそれぞれが柔らかい素材でできており、長時間使用しても疲れないつくりになっています。

パイオニア ボディソニック
設置イメージ

配信元企業:パイオニア株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ