中国の映像メディア・梨視頻は10日、「日韓の矛盾が引き続きエスカレート」と題し、韓国ユーチューバーの男性が仁川国際空港で日本行きの航空券を破り捨てる動画をアップしたことを伝えた。
男性は8日にアップした「135ウォンの日本行きチケットを破りました。本当の不買運動とはこういうことだ」と題する動画の中で、実際に航空券を破って見せ、カメラに向かって投げ捨てた。男性は「1カ月前に日本に行く計画を立てた。ホテルも航空券も予約した。だけど、1日に日本が韓国に対して“経済報復”を宣言した後、よく考えて気付いた。行ってはいけないと。航空券もホテルキャンセルは不可だけど、それでも行かない」などと語り、最後にハンディー掃除機で床に散らばった航空券の切れ端を集めた。
この動画は11日午前現在、16万回余り再生されている。コメント欄では、「かっこいい」「応援する」「愛国心に拍手」「日本旅行に行かないことが日本にとって一番のダメージになる」など、男性を支持するものが大半となっている。
梨視頻はこのほかにも、韓国国内で日本製品ボイコットが過熱していること、学生団体が9日にソウル市内にある三菱重工系列会社の事務所前でデモを行ったことなどを紹介し、「韓国市民の反日感情が高まっている」と伝えた。
韓国国民の過激な反応に対し、中国のネットユーザーコメントで最も多くの共感を集めているのは「日本が戦時中に中国に残した傷は深いが、中国は韓国のこうした過去を蒸し返すようなやり方をまねるべきではないと提言したい」というもの。また、「東アジアの3カ国の問題の処理方法はそっくり」「韓国の方がより好感が持てない」「見たら笑ってしまう」「かつて私たちも同じようなことをしていた。今ではずいぶん理性的になった」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/北田

中国の映像メディア・梨視頻は10日、「日韓の矛盾が引き続きエスカレート」と題し、韓国人ユーチューバーの男性が仁川国際空港で日本行きの航空券を破り捨てる動画をアップしたことを伝えた。