探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、桐山美緒さん(仮名・39歳)。現在妊娠6か月で、都内の映像制作会社で事務の仕事をしています。妻が妊娠中に浮気をする夫は多いもの。その多くが、子供が生まれると浮気関係を清算しますが、これが原因で離婚する人も少なくありません。

「夫とは大学時代に知り合いました。お互いにロシアや東欧の映画が好きで、20歳の時に付き合ったのですがすぐに別れました。しかし去年、同窓会で再会。夫はバツイチで、流れでお互いの家を行き来することになり、私の妊娠がわかって授かり婚しました。なんというか、恋人みたいな関係ではなく、交際0日で夫婦になったような感じです」

旦那様は専門的な商社に勤務しており、海外出張が多いそうです。

「それまでは中国が多かったのですが、半年前に結婚してからロシアが増えました。2回目の出張から帰ってきてから、夫は激変。『俺はプーチンになる』などと言い出して筋トレを始めました。プーチン大統領カレンダーや、プーチンマトリョーシカを家に飾ってうっとりするようになったんです」

なかなか旦那様の浮気の核心を言わない美緒さんに、なぜ私たちのカウンセリングルームにいらっしゃったのかを伺いました。

「ホントは疑いたくないのです。ロシアに行くようになってから、夫が変なんです。もともと、お酒の勢いで女性に手を出したり……あ、私たちも酒の勢いで復縁したんですけど。お酒の量が増えました。あとはクレジットカードの明細に、国内のホテルの記載が増えたのです。夫の会社はおおらかで、個人のクレジットカードで精算をすると、マイルポイントを付与してくれるのです。だから夫は会社のクレカを使わず、自分のクレカで精算しており、その明細が家にほったらかしになっているんです。それを見たら、海外出張に行っているはずなのに、都内の高級ホテルに泊まっていたりする。これは絶対におかしいと思って、今日ここに来たんです」

海外出張と言っていたのに、国内のホテルに宿泊している

依頼者・美緒さんは、偽出張と思われる日と、クレカの明細からわかった都内のホテルの宿泊日を入力したエクセルデータを出してくれました。

「夫はもともと半導体関連の仕事をしていたので、台湾にも強い。この日は台湾出張に行っているはずなのに、錦糸町六本木の外資系ホテルに泊まっています」

これは浮気をしている可能性があります。また、浮気と同時に美緒さんが気にしているのは、旦那様の酒癖の悪さ。

「夫は普段は真面目で朗らかでいい人なのですが、お酒が入ると手に負えない。前の離婚もお酒が原因だと聞いています。また、今までに5回も転職しているのですが、それもお酒が原因。宴席で大言壮語したり、部下や女性にハラスメントを繰り返したり、後輩を侮辱したり。でも絶対に上司にはたてつかないんです。私に対しても強い態度に出ることがありましたが、私の方が人間的に強いし、夫が待ち望んでいた子供がお腹にいますので、ねじ伏せ続けてきました」

聞けば旦那様は高収入。妊娠6か月、結婚6か月の美緒さんは、離婚の気配を濃厚に漂わせながら相談しています。その背景を伺いました。

「私は映画や映像制作の現場で生きてきて、浮気に対しては『それもあるかな』という感じなのです。それよりも、お酒のことのほうが気になる。子供がお腹にいるので、お酒の勢いで女性と深い関係になる可能性があることに恐怖を覚えるようになったのです。ほかに兄弟ができたり、病気をうつされたりしたらどうしよう……と思うようになって。これを実家の父に相談したら、『離婚して帰って来なさい。あの男はもともと気に入らない』とキッパリ。父は大企業で人事関連の仕事をしてきたので、人を見る目はあります。それもあって、夫の調査をお願いしたいのです。怪しいのは、2週間後の土曜日。この日から5日間、ロシアに行くと言っています」

贅沢なことが大好きな夫は、子供が授かる前に高級ホテルに連れて行ってくれた。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

成田空港に向かった夫は、空のトランクをロッカーに入れ、ブロンド美女と新宿で泥酔……~その2~に続きます。

関連画像