Image: Steve Heap/Shutterstock.com

ようやく終わりました。

長らくチクチクとやりあっていた、Amazonアマゾン)とGoogleグーグル)によるドングルストリーミング戦争。しかしYouTubeFire TVに、そしてPrime VideoChromecastに復活したことで、ようやくバトルが終了しました。

これまで、AmazonGoogleはそれぞれのサービスを相手のドングルから引き下げるなど、冷戦が続いていました。しかし今年4月、とうとう両社はこの冷戦を止めることを発表していたんですね。当時は年末までには…と発表されていたので、思っているよりも早い解決でした。

なおAmazonによれば、YouTubeアプリFire TV Stick(第2世代)、Fire TV Stick 4K、Fire TV CubeFire TV Stick Basic Edition、そして東芝やInsignia、Element、WestinghouseFire TVエディションのスマートTVで利用できるようになります。また、数ヶ月をかけて対応デバイスはさらに拡大し、またYouTube Kidsやライブ配信のYouTube TVシリーズにも年内に対応します。

一方、iOSAndroid向けのPrime VideoアプリChromecastデバイスと連携し、アプリから直接テレビへと動画を配信することができます。また、Android TV向けのPrime Videoアプリも、対応デバイスが拡大していますよ。

Source: The Verge