詳細画像はこちら

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

日本で連続開催

ランボルギーニスーパートロフェオのアジアシリーズアジア・パシフィック・エリアの各サーキットを転戦して競われるもので、第2ラウンドが6月22(土)〜23日(日)に鈴鹿サーキットで行われ、続く第3ラウンドが7月6(土)〜7日(日)に富士スピードウェイで開かれた。ランボルギーニにとって日本は特別なマーケットであることから、続けてレースが開催されたもので、異例といえる扱いだ。

アジアシリーズマレーシアのセパンでスタートし、鈴鹿、富士、韓国(霊岩/ヨンアム)、中国(上海)といったF1が開催されたサーキットを舞台に5ラウンドが行われ、最終戦はスペインのへレスに各エリアのコンペティターが一堂に集結して、王者決定戦が行われる。

詳細画像はこちら

富士での第1レースPROクラスのエバン・チェンクリスヴァン-ダー・ドリフト組が連勝し、PRO-AMクラスではオチアイ/ヤジッド組が、AMクラスはフルタ/タシロ組ランボルギーニカップはワン/リー組が制した。

第2レースPRO-AMクラスのネモト/アウ組がPROクラスを下してトップチェッカーを受け、PROクラスはカサイ/プハッカ組が制し、AMクラスではフルタ/タシロ組が連勝し、ランボルギーニカップマツダ/ヨシハラ組が勝ち取り、日本人選手が上位を占めた。

詳細画像はこちら

富士スピードウェイスーパートロフェオが開かれことに合わせ、オーナーに向けて観戦/パレードランが用意された。スーパートロフェオのドライバーチーム関係者に向けて用意されたラウンジレースを観戦し、本格的イタリアンランチを楽しめるというエクスクルーシブなイベントだ。

詳細画像はこちら

食にこだわるイタリアまれのランボルギーニだけに、ラウンジでも本格的な料理が振る舞われる。アンティパスティからプリモ、セカンディ、ドルチェ、フルッタまでのフルコース・ブッフェが用意され、パスタは目の前で茹でたてが好みに応じて調理してもらえ、さまざまな種類のピッツァオーブンから焼きたてが続々と並び、さながらイタリアイベントにいる気にさせられるほど。もちろんランボルギーニだけに食器やカトラリーもマジで、エクスクルーシブな空間で食事を楽しませてくれる。

レーシング・コースでパレードラン

ラウンジの一角にはランボルギーニスーパートロフェオのメインパートナーを務める時計界で先鋭的な世界を切り開くロジェ・デュブイのブースが設けられ、存在感のあるコレクションが持ち込まれ注目の的だった。このほかスクアドラ・コルセ・ウエアやグッズを取り揃えたショップも用意され人気を集めていた。

詳細画像はこちら

ランチのあとはランボルギーニ・オフィシャルグッズが当たるビンゴ大会も用意され、大いに盛り上がっていた。

詳細画像はこちら

この日のハイライトはパレードランだ。富士スピードウェイに集まったオーナーのために用意されたもので、セーフティカーの先導付きだが、先ほどまでスーパートロフェオのバトルを繰り広げていたレーシングコースドライブをパッセンジャーと共に楽しんだ。

詳細画像はこちら

こうしてランボルギーニの世界を存分に楽しんだ週末に、オーナーたちは大満足だった。


ランボルギーニの記事
ランボルギーニでパレード スーパートロフェオ富士戦にオーナー集合 ウラカン/ウルス
ランボルギーニ 1月〜6月期、前年比96%プラス ウルスが貢献
ランボルギーニ・スーパートロフェオ、鈴鹿で開催 世界最速のワンメイク・レース
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

ランボルギーニでパレード スーパートロフェオ富士戦にオーナー集合 ウラカン/ウルス