Photo: 小原啓樹

完全ワイヤレスイヤホンに二の足を踏んでいた人たち、お待たせしました。

なぜこんなこと言うかというと、このオーディオテクニカAudio-Technica)の新製品「ATH-CKS5TW」、完全ワイヤレスイヤホンデメリットと思われてることが、ことごとくないんですもん。

よくある完全ワイヤレスイヤホンに対するネガイメージってこんな感じですよね?

1. 左右のイヤホンにそれぞれ通信回路やアンプが入っているから、バッテリーのもちが悪そう。

2. 左右のイヤホンを結ぶケーブルがないから、耳から外れて落としそう。

3. しょせんは無線。低音がスカスカで音質が悪そう。

4. 音が途切れたりしそう。

確かに最初のころの完全ワイヤレスイヤホンは、問題があるモデルも存在しました。いくらリチャージができる充電ケースがあるといっても、完全ワイヤレスイヤホン本体のバッテリー容量が小さかったり消費電力が高くもちが悪かったり、片方のイヤホンを落として泣く泣く買い替えせざるをえなかったり、音がペラくてボリュームを上げないと満足できなかったり、人混みで音が途切れたり。

Photo: 小原啓樹

そんなネガイメージをくつがえすニューカマーですよ、ATH-CKS5TWは。

1. 本体だけでも15時間の連続再生OK

まずバッテリーライフがスゴい。連続再生なんと15時間です。これ、本体のみでのスコアです。もう充電ケースを持って出なくても、数日間の通勤/通学時のリスニングタイムカバーしてくれるんですよ。

海外へ飛ぶ長距離航空便や、東京から九州へ向かう夜行高速バスで使うとなると、最後の方でリチャージが必要になるかもしれないですけど、そういった長距離移動時って寝ることも多いから、実質的には問題ないはず!

Photo: 小原啓樹

また、充電ケースは2回のリチャージができるので、合計すると45時間の再生ができます。1日の通勤/通学時間が往復2時間という方なら、1回の満充電で22~23日はもつというステキスペック。

2. 新設計のイヤピースと3Dループで外れにくい

Photo: 小原啓樹

ATH-CKS5TWのイヤピースは新開発されたもの。よくある半球型のイヤピースと違って横から見ると台形っぽくなっているのが特徴です。このフィット感が抜群で。イヤピースに加えて、3Dループサポートの存在もベリグーリング状のパーツが耳の内側にかかって、しっかりとホールドされるんです。

歩きながらでも大丈夫。小走りくらいでも問題なし。

なにげにSSサイズまで入っているイヤピースも推しのポイントですよ。小耳の人でも着けられるユニバーサル性、大事です。

3. 大口径ドライバーがボリューミーな低音を生む

Photo: 小原啓樹

もちろん肝心のサウンドも抜かりなし。オーディオテクニカイヤホンでもカッチリクッキリした重低音再生が得意なメーカーですが、ATH-CKS5TWもそのDNAをばっちりと受け継いでいます。

搭載しているのは10mm径のSolid Bass HDドライバー。カタログスペック上は5Hz~40kHzという、広大な再生周波数帯域を誇るダイナミックドライバーなのです。僕の知る限り、完全ワイヤレスイヤホンでは最大級のユニットじゃないかな。

実際にATH-CKS5TWのサウンドを聴いてみると…

音が、深い!

そして重い!

実際に聴いてほしい。鳥肌の立つ音

Photo: 小原啓樹

僕がイヤホンヘッドホンチェックする際に聴く基準曲の1つに『カウボーイビバップ』の主題歌『Tank!』(菅野よう子)があるのですが、冒頭のベースからもう鳥肌待ったなしですよ。ムリに膨らませたような誇張感は控えめで、純度の高いベースドラムビートを支えていてキモチいいー。

モニターヘッドホンのようなガッチガチの音ではなく、リリースの響きも意識した弾力性のあるサウンドリスニング志向の強いサウンドです。長時間聴いても疲れにくいし、ボリュームを絞ってもリッチなトーンが残っています。余裕のある鳴りだわあ。

意外にも高域の明瞭感も高め。先ほど書いた新設計のイヤピースによって、外側のフランジが柔らかく耳穴に隙間なくフィットして、遮音性が高く音の抜けも少ないんです。イヤピースの音の出口部分がラッパ状なのもポイントですね。主観ですが、高域の通りがよく外耳道内での反射が控えめで直接音の存在感が強い。

こういうステキな音が、完全ワイヤレスイヤホンでも楽しめる時代になったんだなあ…。

4. Bluetoothの天敵「人混み」「自動ドア」もなんのその

Image: Shutterstock

そして前世代までの完全ワイヤレスイヤホンにありがちだった、人混みのなかや自動ドアの近くで音が途切れやすいといったトラブルもほとんど起きないんです。朝の新宿駅構内でもほとんど問題ナシ。

片側だけプチプチと切れやすくなってきたら、アプリConnect」(iOSAndroid)で安定度の高いSBCコーデックに切り替えればOKでした。

※画像は他のモデルでとられたスクリーンショットです。

また、イヤホンを何気なくポケットに入れていたつもりが見当たらない。そんなときにはすぐさまアプリConnect」を起動してみださい。ATH-CKS5TWとスマートフォンの通信が途切れた場所を記録しているから、アプリの画面上で最後にペアリングしていた位置をチェックできるんです。

こういうきめ細やかなケアが、長らくイヤホンヘッドホンを作り続けてきたオーディオテクニカの製品だなー、と感じるところじゃないですか。

ライバルが多い価格帯でも光る存在感

Photo: 小原啓樹

ATH-CKS5TWの気になるお値段ですが、実勢価格は1万7000円前後。いまこの価格帯の完全ワイヤレスイヤホンが増えて1つのボリュームゾーンを形成していますが、完全ワイヤレスイヤホンのネガイメージをくつがえすATH-CKS5TWは、やはり存在感が光ってる。

これまで完全ワイヤレスイヤホンに二の足を踏んでいた人も、この完成度なら納得できますよ!

Source: Audio-Technica