【元記事をコミックナタリーで読む】

許斐剛テニスの王子様」を原作とした「ミュージカルテニスの王子様3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編」が、昨日7月11日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。

【大きな画像をもっと見る】

快進撃を続けてきた青学と、関東大会決勝戦でも死闘を繰り広げた立海による全国大会決勝戦の模様を描く「全国大会 青学vs立海」。2015年に上演された「テニミュ2ndシーズンでは約4時間におよぶ3幕構成で描かれたが、今回は1stシーズン同様、前後編に分けての上演となる。

前編となる本公演は、約2時間30分の2幕構成。青学部長・手塚と、立海副部長の真田によるシングルス3、乾・海堂ペアと柳・切原ペアによるダブルス2、不二と“コート上の詐欺師”仁王によるシングルス2、大石・菊丸の“ゴールデンペア”と丸井・ジャッカルによる“プラチナペア”によるダブルス1までの戦いが描かれる。関東大会では療養のため欠場していた立海部長・幸村も登場。そんな中リョーマは突如、記憶喪失となって決勝戦の会場に現れる。また全国大会準決勝で戦った四天宝寺メンバーも全員登場。2校の死闘を、賑やかに盛り上げる役回りだ。なお本公演では、おなじみの楽曲に加えて7曲の新曲がお披露目された。

ゲネプロ後に行われた囲み取材には、越前リョーマ役の阿久津仁愛手塚国光役の青木瞭幸村精市役の立石俊樹真田弦一郎役の田鶴翔吾白石蔵ノ介役の増子敦貴が登壇。阿久津は「今回はみんな本公演を経験したキャストばかりなので、だからこその熱量があります。全62公演ですが、僕も(これだけの公演数は)初めてなので、この長丁場を全力で駆け抜けたいと思います」と意気込んでみせる。また立石は2017年に上演された関東大会を描く「青学vs立海」公演を感慨深げに振り返り、「今回は本編ではラストの戦いになるので、公演数も多いですが、毎公演ベストを尽くして、常に上を目指せたら」とコメント

そして増子は「四天宝寺は準決勝で青学に負けてしまって、今回は決勝戦を見届ける側。(観劇に来ている)お客様の感情だったりを僕たちが代わりになって、また試合の臨場感や白熱した様子を四天宝寺らしい、お笑いだったりいろいろなやり方で伝えられればと思います」と自らの役回りを話す。また「僕たちは日替わり演出もあるので! 62公演……」とその多さへの不安をポツリと漏らすと、周りからは「がんばろう!」「お願いします!」との声が飛ぶ場面も。

見どころを問われると、阿久津は「今までのリョーマが見られるのは冒頭と回想シーンだけで」と、リョーマが記憶喪失になってしまうことを説明し、「あれ? リョーマってこんなにかわいいんだって感じると思います」と笑顔を見せる。さらに桃城がリョーマの記憶を取り戻そうと奮闘するシーンも見どころに挙げ、そこで歌われる楽曲についても「本当に大好きで、演じられることが光栄です」と力を込めた。増子は「シングルス2の試合で、仁王がイリュージョンで白石に変わるんですね。そのときに不二が白石へのリベンジで新しい必殺技を出すところを見てもらいたい」と自身に関するシーンを見どころに挙げる。

最後に阿久津が「令和初のテニミュです。(「全国大会 青学vs立海」は)1stは前後編、2ndは1つの公演だったんですけど、また前後編でやるということはテニミュは進化しているんだと思いますし、演出に負けないように必死に食らいついていきたいと思います」と語る。「何回でも見に来てください。1人1人にドラマがあります。前編ですけど、お腹いっぱいになると思います。やっている僕たちも感じますし、お客さんにもそう思わせられたらと思いますので、全62公演よろしくお願いします」とファンメッセージを贈り、締めくくった。

ミュージカルテニスの王子様3rdシーズン 全国大会 青学vs立海 前編」は7月21日まで東京・TOKYO DOME CITY HALLにて上演中。また大阪、愛知、福岡、宮城での公演を経て、9月19日から29日にはTOKYO DOME CITY HALLにて東京凱旋公演を行う。なお大千秋楽となる9月29日17時半公演は、全国と香港・台湾の映画館にてライブビューイングを実施。チケットの1次プレオーダーは7月13日11時より受け付ける。

ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編

期間:2019年7月11日(木)~7月21日(日)
会場:東京都 TOKYO DOME CITY HALL

期間:2019年7月26日(金)~8月12日(月・休)
会場:大阪府 大阪メルパルクホール

期間:2019年8月17日(土)、18日(日)
会場:愛知県 豊田市民文化会館 大ホール

期間:2019年8月31日(土)、9月1日(日)
会場:福岡県 アルモニーサン北九州ソレイユホール

期間:2019年9月7日(土)、8日(日)
会場:宮城県 多賀城市民会館 大ホール

期間:2019年9月19日(木)~9月29日(日)
会場:東京都 TOKYO DOME CITY HALL

キャスト

〈青学〉

越前リョーマ阿久津仁愛
手塚国光:青木瞭
大石秀一郎江副貴紀
不二周助皆木一舞
菊丸英二田口司
乾貞治竹ノ内大輔
河村隆岩田知樹
桃城武大久保樹
海堂薫中島拓人
堀尾聡史:琉翔
加藤勝郎:中三川歳輝
水野カツオ:奥田夢叶

〈立海〉

幸村精市:立石俊樹
真田弦一郎:田鶴翔吾
柳蓮二井澤巧麻
仁王雅治後藤大
柳生比呂士大隅勇太
丸井ブン太大薮丘
ジャッカル桑原川崎優作
切原赤也前田隆太朗

四天宝寺

白石蔵ノ介:増子敦貴
小石川健二郎安東秀大郎
千歳千里江本光輝
金色小春森田力斗
一氏ユウジ谷津翼
忍足謙也千田京平
石田銀森一平
財前光廣野凌大
遠山金太郎平松來馬
渡邊オサム碕理人

※川崎優作の崎はたつさきが正式表記。

(c)許斐 剛/集英社NAS新テニスの王子様プロジェクト (c)許斐 剛/集英社テニミュ製作委員会

左から、白石蔵ノ介役の増子敦貴、手塚国光役の青木瞭、越前リョーマ役の阿久津仁愛、幸村精市役の立石俊樹、真田弦一郎役の田鶴翔吾。