ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

ハ・テギョン議員

国会国防委員会所属の正しい未来の党のハ・テギョン議員が11日に国会政論館にて日本が過去のフッ化水素などの戦略物資を北朝鮮に密輸出した事実が、日本の安全保障貿易情報センターCISTEC)資料で確認されたと発言。

ハ・テギョン議員の説明によると次の通りだ。

しかし、日本の安全保障貿易情報センターCISTEC)の資料によると、むしろ「日本が北朝鮮フッ化水素を密輸出て摘発された」という内容が確認された。

そんなハ・テギョン議員は12日に「イランなど、いわゆる親睦国に大量破壊兵器を密輸した国も日本だ」と説明した。

ハ・テギョン議員は「日本がイラン・中国など第3国に大量破壊兵器を密輸出した事実が明らかになり、貿易制裁名分が色あせた」と強調した。彼は「日本のメディアはもはや日韓両国を仲違いさせず、誤解を解いて和解できるよう協力しなければならない」と警告した。

関連:日本の密輸出に関して韓国のハ・テギョン議員が会見 「北朝鮮にフッ化水素密輸した国は日本」