ソウル 12日 ロイター] - 韓国は12日、同国が国連の対北朝鮮制裁に違反し、日本から輸入した半導体材料を北朝鮮に輸出しているとの指摘が日本政府高官からでていることについて、事実関係を確認するための国際機関による調査を提案した。

韓国国家安保室の金有根(キム・ユグン)第1次長は会見で、国連の対北朝鮮制裁決議と戦略物資や軍民両用の技術に関する国際的な輸出管理の枠組みを完全に順守してきたと説明。

「日本の高官が最近、明らかな根拠も示さず、韓国政府が輸出管理に違反し制裁を順守していないといった無責任な発言をしていることに深い遺憾の意を示す」と述べた。

その上で、日本政府の主張を裏付ける根拠となる事実があるか判断するため、国連安全保障理事会の専門家もしくはしかるべき国際機関による公平な調査を提案した。

調査で韓国側の非が見つかれば、謝罪し、是正措置を即時講じるとした。だが、韓国側に問題ないと判定された場合は「日本は韓国政府に謝罪するだけでなく、輸出規制を直ちに撤回しなければならなくなる」と述べた。

 7月12日、韓国は、同国が国連の対北朝鮮制裁に違反し、日本から輸入した半導体材料を北朝鮮に輸出しているとの指摘が日本政府高官からでていることについて、事実関係を確認するための国際機関による調査を提案した。写真は都内で撮影。左が日本政府側。(2019年 ロイター)