HARADA_09.jpg 痴漢容疑で警視庁の取り調べを受けた後、駅のホームから転落死した20代男性の母親が、「息子は違法な取り調べによって精神的苦痛を受けた」として、東京都警視庁)を相手取り国家賠償請求訴訟を起こすことが分かった。提訴するのは、都内大学に勤務していた原田信助さん(当時25歳)の母親・尚美さん(54)。東京地裁に2011年4月26日、訴状を提出する。

 信助さんは2009年12月10日の深夜、新宿駅の構内で「女子学生のお腹を触った」という痴漢の疑いをかけられた。女子学生に同行していた男子学生に取り押さえられたあと、新宿警察署で取り調べを受けたが、一貫して犯行を否認。むしろ、男性学生から突然暴行を受けた被害者であると主張していた。翌朝、信助さんは処分保留のまま新宿署から帰されたが、その足で母校近くの地下鉄東西線早稲田駅に向かい、ホームから転落死した。

 警察による取り調べの模様と転落死に至る足取りは、信助さんが携帯していたICレコーダーに録音されていた。そこには、新宿署に任意同行を求められた信助さんが警察官に対して「電話をかけさせてほしい」と頼んだのに応じてもらえなかった様子や、「自分は被害者である」と主張する原田さんの言い分を聞かずに「被疑者としての取り調べ」を続ける捜査官の言動が生々しく記録されていた。

 母親の尚美さんはその音声記録をもとに「息子の事件は明らかな冤罪事件。新宿署の違法な捜査によって、自ら死に追い込まれた」と訴えている。ニコニコ動画では2010年6月から12月にかけて3回にわたり、この事件を検証する特別番組を放送。インターネット上で大きな反響を呼んだ。

 尚美さんは4月26日東京都に対する国家賠償訴訟を東京地裁に提訴したあと、15時から東京・霞ヶ関の弁護士会館で記者会見を開く。その模様は、ニコニコ動画で生中継する予定だ。

(文・三好尚紀、亀松太郎/写真・三好尚紀)

【関連記事】
「息子は痴漢の犯人ではない」無実信じる母親の訴え続く
「痴漢と呼ばれて自殺」ボイスレコーダーが明らかにした「事情聴取の実態」
再審無罪が予想される「布川事件」 事件から44年 「冤罪」被害者は何を語る?