急逝したスカッグスの背番号「45」をチーム全員が着用、5回を終え10得点

エンゼルスマリナーズ(日本時間13日・アナハイム

 エンゼルス大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で6試合連続スタメン出場。第4打席は左飛に倒れた。第1打席では左前打を放ちメジャー自己最長タイとなる8試合連続安打をマーク

 大谷は10点リードの5回。無死二塁の好機で第4打席を迎えると右腕ウィスラーと対戦。1ボール1ストライクからの3球目を叩いたが左飛に倒れた。

 初回、トラウトの29号2ランで先制した直後の第1打席で左前打を放ち自己最長タイの8試合連続安打をマーク。さらに打者一巡の猛攻で大谷は再び2死二、三塁の場面で第2打席を迎え四球を選んだ。相手先発の通算100勝右腕マイク・リークはここで降板。1回を持たず7失点の乱調だった。

 2回2死満塁の好機で迎えた第3打席は左腕ミローンのスライダーバットは空を切り空振り三振に倒れた。

 この日は試合前に急逝したスカッグス投手を称えるセレモニーが行われ、始球式はスカッグス投手の母が務めた。そして後半戦初戦、ホーム開催となった1戦はチーム全員が左腕の背番号「45」を着用して試合に臨んだ。

 前半戦最終戦となった7日(同8日)のアストロズ戦では14号ホームランを放ったが試合後には体調不良を訴えていた。オールスターブレイクで休養十分の大谷は後半戦を最高の形でスタートさせた。(Full-Count編集部)

「45」を身に着け、第1打席にヒットを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】