明治安田生命J1リーグ第19節が行われ、サガン鳥栖サンフレッチェ広島が対戦した。

 16位に沈む鳥栖は前節同様、フェルナンド・トーレスと金崎夢生が2トップを組み、18歳の松岡大起が3試合ぶりに先発入り。一方の広島は前節貴重な同点弾を記録したパトリックが最前線で待ち構える。

 両チームともに動きが硬く、静かなゲームとなり前半はスコアレスのままハーフタイムを迎える。

 均衡が崩れたのは75分、FKから上手く抜け出したパトリックが高い打点のヘディングでゴール前へ落とすと、最後は荒木隼人が自身J1初となるゴールを頭で決めた。

 さらに80分、右サイドボールを受けたハイネルがカットインから左足を振り抜くと、GK高丘陽平の伸ばした手の先を抜けてゴールネットを揺らした。

 訪れたチャンスをきっちりものにした広島は鳥栖を2-0で下した。次節は20日、鳥栖は鹿島アントラーズと、広島は松本山雅FCとそれぞれ対戦する。

スコア
サガン鳥栖 0-2 サンフレッチェ広島

【得点者】
75分 0-1 荒木隼人(サンフレッチェ広島
80分 0-2 ハイネル(サンフレッチェ広島

スターティングメンバー
サガン鳥栖(4-4-2)
高丘陽平;小林祐三(80分 三丸拡)、高橋秀人、高橋祐治、原輝騎;クエンカ、松岡大起、原川力、安庸佑(68分 福田晃斗);フェルナンド・トーレス(80分 豊田陽平)、金崎夢生

サンフレッチェ広島(3-4-2-1)
林卓人;野上結貴、荒木隼人、佐々木翔;ハイネル(86分 清水航平)、川辺駿、稲垣祥(65分 松本泰志)、柏好文;柴崎晃誠(72分 渡大生)、森島司;パトリック

J1初ゴールを決めた荒木隼人(写真は過去のもの) [写真]=Getty Images