ネイマールと元同僚のシャビ氏、「素晴らしい補強になる」と前置きするも…

 2018-19シーズン限りで現役を引退した元スペイン代表MFシャビ氏が、噂されるブラジル代表FWネイマールパリ・サンジェルマン)のバルセロナ復帰について言及。「素晴らしい補強になる」と前置きしたうえで、「正直、難しいだろう」と実現の可能性は低いとの見解を示した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ネイマール2017年バルセロナからパリ・サンジェルマンPSG)に世界最高額の2億2200万ユーロ(約270億円)で移籍。2シーズンにわたり、パリでは王様としてプレーしてきたが、今夏にレアル・マドリードや古巣バルセロナ復帰の噂が過熱している。

 これについて元同僚のシャビ氏は、「彼は(バルセロナにとって)素晴らしい補強になるだろう」と前向きなコメントをしているが、その一方で「でも、正直私は難しいと思っている。非常に難しい」と実現の可能性は低いのでは、とも語っている。

「彼が世界最高の選手であることは疑いの余地がない。だが、バルセロナがどう動くのかを見てみよう」

 また、シャビ氏は同じくバルサ移籍が報じられるフランス代表FWアントワーヌグリーズマン(アトレチコ・マドリード)についても言及。「彼はアトレチコとフランス代表で違いを作ってきた。ずば抜けた選手」と称賛し、「まだ公式発表はないが、彼はバルセロナへ行くようだ。そうなれば素晴らしい補強になるだろう」とこちらは移籍が成立する可能性が高いとの見解を示していた。(Football ZONE web編集部)

(左から)バルセロナ時代のMFシャビ氏、FWネイマール【写真:Getty Images】