田代まさしの露出が増えている。先日にはNHKの『バリバラ』に登場し、薬物依存の恐ろしさを語った。逮捕のたびにクスリをやめようと思うも、いざ刑務所に入ると「またやりてぇ」といった欲望が沸き上がってくるといった正直な思いも吐露している。元タレントとして、話にユーモアを交えながら紹介するエピソードは説得力があるといえるだろう。

 田代は、鈴木雅之らと結成したシャネルズ(ラッツ&スターに改名)のメンバーとしてデビューし、その後、バラエティ番組にコメディアンとして登場するようになる。特に、志村けんに気に入られ、『バカ殿シリーズ(フジテレビ系)などに出演していた。小道具を使ったダジャレの帝王としても知られた。

 しかし2000年に、都内の私鉄駅で女性のスカートの中を盗撮しようとして書類送検される。この時は「ミニにタコ」というお得意のダジャレで切り抜けようとしたが、バッシングを浴びてしまう。芸能活動に復帰するも、風呂場をのぞいたとして2001年に逮捕され、その後の捜査で自宅から覚せい剤が見つかる。そこから4度の逮捕と2度の懲役を経験している。

 そもそも、田代が薬物に手を染めてしまったのには、どういった理由があるのか。

 「田代といえば、“マーシー”の愛称で知られ、サングラストレードマークでした。これはミュージシャンとして格好付けていたわけではなく、実は極度のあがり症で目が泳ぐために、サングラスでごまかしていたようですね。数々の番組に出演していましたが、常に緊張で手が震えるほどだったそうです。また彼自身が、酒が一滴も飲めない体質であるため、飲んで騒ぐといった部分でストレスを発散できなかったことも、薬物に手を染めてしまった原因だと言えるでしょう。さらに有名人であったため、シャバに放たれるたびに売人が近寄ってきたそうです。まさに苦悩の連続なのです」(芸能関係者)

 もちろん薬物に手を出すことは絶対にあってはならないが、彼なりに切実な事情もあったのかもしれない。それゆえに、その痛みや苦しみをテレビなどで広く周知していくことは、それなりの意味を持ちそうだ。

田代まさし