ソ連時代には「2+2=5」の標語が掲げられていたロシアの首都モスクワでは、市民はいつも“ビッグ・ブラザー”に見守られているらしい。

モスクワ市は2015年以来、通信事業者から利用者の位置データを取得するために8億円余りを費やしてきたことが既に報道されているが、モスクワ市当局によると、さらにタクシー地下鉄携帯電話データ、監視カメラ映像などからも市民の移動経路を追跡しているという。

公共交通機関の需要を特定するためにタクシーデータが分析され、交通渋滞の評価には監視カメラの映像が使用されている。通勤客の個人データと紐付けられた地下鉄カード(JRのSuicaのようなもの)の利用情報はすべてモスクワ市役所のデータベースに蓄積されており、交通網の全体像を把握することができる。

市はこれらのビッグデータは交通網を改善するためだけに使われており、個人を特定するようなデータは含まれていないとしているが、専門家からは懸念の声が上がっている。自由なインターネットユーザーデジタル権利の保護を目的に設立されたNGO団体Roskomsvobodaの創設者は、「これらのシステムは中国をモデルにしており、監視に使用したい時は監視にも使用されるだろう」と言う。「法執行機関であれ役人であれ、誰も悪用できないシステムであるべきだ。それは公衆の管理下に置かれるべきだ。そうなって初めて、統計に資する影響について語ることができる」。

そもそもロシアの現行の法律では非個人データの概念はなく、このようにビッグデータを利用すること自体がグレーゾーンなのだという。ロシア国会では今年の初めに、厳格なプライバシー規制法案を通過させる予定だったが、法案の採択は夏以降に延期されることになった。

画像とソース引用:『themoscowtimes.com』『pixabay.com』より
https://www.themoscowtimes.com/2019/07/10/moscow-tracks-commuters-movements-in-china-style-surveillance-scheme-a66349
https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%9B%AE-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E6%99%AF-2538882/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
モスクワが中国式の監視網で市民を追跡 ビッグ・ブラザーはいつもあなたを見守っています