5月にメルボルン・V退団の本田、移籍に向けて古巣VVVの練習に参加

 今年5月にオーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団した元日本代表MF本田圭佑の去就に注目が集まるなか、古巣のオランダVVVフェンロの練習に参加するためオランダに渡った。クラブ公式ツイッターが現地空港に到着した私服姿の本田を紹介し、「フェンロにお帰りなさい!」と歓迎している。

 本田は昨夏のロシアワールドカップ後にメルボルン・Vへ加入すると、リーグ戦18試合に出場し、7得点5アシストマーク3月12日AFCチャンピオンズリーグ第2節サンフレッチェ広島戦(1-2)でACL自身初ゴールを挙げるなど存在感を示したが、チームファイナルシリーズ準決勝で敗退し、本田の退団も決まった。

 現在、所属先は未定の本田だが、15日から古巣VVVの練習に参加予定となっている。2008年名古屋グランパスからVVVへ完全移籍した本田は、2部降格の憂き目に逢いながらもキャプテンとしてゴールを量産。2008-09シーズンには、リーグ戦36試合16ゴールの活躍で1部昇格に貢献して2部MVPに輝いており、「HONDA」の名前が広く知れ渡ったクラブでもある。

 そんな英雄の約10年ぶりとなる帰還にクラブも反応。公式ツイッターインスタグラムでは「本田圭佑、フェンロにお帰りなさい!」と記し、現地の空港に到着した本田の様子を4枚の写真付きで紹介した。スーツ姿の本田が颯爽と歩き、抱擁を交わしているショットなどが公開されている。コメント欄は「ホンダーーー」「またプレーするのかな」「お帰り」「クール」と歓迎ムードに包まれた。

 古巣でトレーニングに励みながら、新天地への移籍に向けて調整の日々が続きそうだ。(Football ZONE web編集部)

元日本代表MF本田圭佑は古巣VVVの練習に参加予定だ【写真:Getty Images】