脚本家・倉本聰が手掛ける帯ドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系/毎週月~金曜12時30分)から、同作に出演中の浅丘ルリ子、いしだあゆみ、大空眞弓、丘みつ子、加賀まりこ、水野久美がホラーメイクを施した写真が公開された。

【写真】『やすらぎの刻~道』浅丘ルリ子ら大女優がホラーメイクに挑戦

 本作は、2017年に放送された帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』の続編。主人公・菊村栄(石坂浩二)がシナリオを執筆する劇中劇『道』と共に、テレビ人だけが入居を許される老人ホーム『やすらぎの郷』の“その後”を描いていく。

 そんな『やすらぎの刻~道』の中で、老人ホーム『やすらぎの郷』の個性あふれる住人たちを熱演している6人の大女優が、なぜか“お化け”に変身。施設でさまざまな“嵐”を巻き起こす面々らしく、都市伝説の口裂け女やゾンビはたまた古典的な幽霊や昔話にも登場する鬼など、バラエティー豊かな異界の生き物へと変貌を遂げている。

 撮影当日、6人は本格的な特殊メーク&コスプレにノリノリ。互いの顔を見ては「怖ッ!」と驚き、「お似合いだわ~」と和気あいあい。特殊メークが気に入った大空は愛犬を驚かせたいからと、その姿のままタクシーに乗り込んで自宅に帰ったとか。

 日本の芸能界を代表する6人の大女優の変身が、劇中でどのように描かれるのか、今後の展開が気になる1枚となっている。

 テレビ朝日開局60周年記念 帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』は、テレビ朝日系にて毎週月曜~金曜12時30分放送。

『やすらぎの刻~道』に出演する(左から)いしだあゆみ、加賀まりこ、浅丘ルリ子、大空眞弓、水野久美、丘みつ子(C)テレビ朝日