ハイパーハードボイルドグルメリポート』という番組を知っているだろうか。
 テレビ東京の深夜枠で2017年から放送されるや、ネットで瞬く間に話題になった“グルメ番組”だ。
「食うことすなわち生きること」が番組のコンセプトなのだが、リベリアの墓地に住む元人食い少年兵や台湾マフィアアメリカギャングといったマジでヤバい奴らの“ヤバい飯”を撮り続けている。
 不定期放送のため、半ば伝説化している同番組だったが、7月15日夜9時~、『ウルトラハイパーハードボイルドグルメリポート ~ヤバい世界のヤバい奴らのヤバい飯~』として1年ぶりに復活する。
 入社7年目(当時)で番組を立ち上げた30歳の上出遼平さん。続編への思いを聞いた。(全2回の1回目/#2も公開中)

◆◆◆

「お前、何なの?」怒られ続けた『ハイパーハードボイルドグルメリポート』

――待ちに待った1年ぶりの放送です。

上出 ちょうど1年ですね。前回が去年の7月16日だったので。

――この1年、続編の企画は出していなかったんですか?

上出 「やらせてもらえないんですか?」って何度聞いても「いやー……」「誰々に聞いてくれ」みたいなことを繰り返されて、これは駄目だなと。レギュラー番組もいくつか担当しているので、日々目の前の仕事を粛々と……。

――例えば、これまでリベリアでは元少年兵に撮影カメラを強奪されたり、セルビアでは不法難民についていって真っ暗な夜の線路で置き去りにされたり……視聴者も「大丈夫!?」と毎回ヒヤヒヤします。番組を作っていて怒られたことって?

上出 テレビ東京局内でですか?

――はい。だから企画がなかなか通らなかったのかなと。

上出 相当あります。怒られるというか、あきれられる。「お前、何なの?」「いや、ほんとに何なの?」って。僕は「これが今テレビでやるべきことだと思います」ってお茶を濁して来たんですけど。

「本当に危ないことだけはやめてくれ」という気持ちもよく分かるんです。部下が変なことをやり始めて大怪我でもしたらシャレにならない。責任問題になる。でも、僕が上司だったら「やめろよ、やめろよ!」と言いつつ、小さな小さな声で「行ってこい」って囁く(笑)。そのパターンだと思って、危ないところに行ってはまた怒られて……それを繰り返してたら、ちょうど1年前にそれが通じなくなった(苦笑)。

――でもそこから今回の『ウルトラ~』の制作が決定します。

上出 3カ月前に突然「そういえば何かあったよね。やろうか」って。テレビ東京もちょうどいろいろ変わろうとしている時期で「何か弾あるかな」「そういえば変なのあったな」と声を掛けてもらった。

――ということは、3カ月で制作したんですね?

上出 海外ロケ番組でその準備期間はどうかしてると思うんですよ。半年前に言ってくれたら……でも、番組の性質上、準備をしてどこかに行くんじゃなくて、まず行ってみることから始まるんですよね。おかげで3カ月あれば2時間番組は作れるんだなと学べました。

Netflixでの世界配信「僕らの世代にも一気に届いた」思わぬ反響

――ちょっと局内で怒られた話を聞きましたが、この1年で前作までの評判はどうでした?

上出 5月29日から始まったNetflixでの配信が本当に大きかったです。僕らの世代にも一気に届いた。地上波で放送した時よりも、Netflixに上がってから毎日のようにいろんな人が番組についてしゃべってくれたりして、おかげでいろんな人とお酒も飲みました。

――ネットでも「劇薬」「タブー番組」なんて言われていますが、そのなかでも嬉しい反応は?

上出 それこそNetflixに上がってからKing Gnuの井口理さんが「面白い」ってツイートしてくれて、そこにOKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんが「俺もこれ好きだよ」ってリプライ。井口さんがまた「こういうのテレビでやったほうがいいんだよな」って。テレビマンに褒められるのはもちろん嬉しいんですけど、音楽のプロフェッショナル、違うものづくりをしている人に褒められるのってやっぱり嬉しい。そういえばファッションデザイナーの藤原ヒロシさんも「面白い」って反応してくれて。

 あと、漫画『闇金ウシジマくん』作者の真鍋昌平さんにも仲良くしていただいているんですけど、細かく褒めてくれて。人の暗い内面を尋常じゃない深さで掘って、その中にある一筋の光みたいなものを15年描き続けてきた人に認められたのは、僕の伝え方も間違ってはいなかったのかなって思えて嬉しかったですね。(※15日放送の『ウルトラ~』では真鍋昌平さんと番組ディレクター陣による副音声も決定!)

――それで今回の2時間特番、3カ月で制作という無茶なスケジュールですけど、どちらへ?

上出 僕はケニアのゴミの山に行ってきました。

「彼らからじゃないと感じられないものがある」

――ゴミ山! これまでもロシアカルト教団だったり、ネパールの火葬場だったり、「よくこんな場所探してきたな」という極地に行っています。取材場所はどうやって見つけるんでしょう?

上出 僕とあと3人ディレクターがいるんですけど、それぞれのディレクターが行きたい場所に行く。「ここ行ってきて」って押し付けると良いものは撮れないし、台本も何もない状態で現地に行くので、本当に興味があることじゃないと掘れないですから。だから、ディレクターの「ここに行きたい」というモチベーションの優先順位はすごく高いですね。

――上出さんが惹かれるのはどんな場所?

上出 ディレクターによって色があるんですけど、僕はとにかく自分と遠い過酷な状況であればあるほど興味がある。死ぬこと生きることを毎日意識している人と関わってみたい。番組初回で取り上げた、リベリアの墓場で暮らす元少年兵たちも15万人以上が死んだという内戦を生き抜いている。彼らからじゃないと感じられないものがある。

 あと、本当に他の人が絶対行きたがらない、ゲロ吐いちゃうようなところに僕は行けるというのもあります。それこそがテレビの役割だと思っているんですけど、人が行けないところに代わりに行って、カメラを回して、それを視聴者の皆さんに見てもらう。  

 今回行ってきたケニアのゴミ山も日本人はなかなか行けない場所だろうと。じつは僕も呼吸器をちょっと壊しましたけど。

「そこに暮らしている姿に圧倒された」”ゴミ山×お赤飯”も

――えっ……。大丈夫なんですか?

上出 ゴミ山に人が住んでいるんですけど、そのゴミが基本燃えちゃっているんですよ。自然発火ですね。その煙がすごく有毒で、においもすさまじい。それでやられました。

 でも、そこに暮らしている彼らの姿には圧倒されました。そして何と言っても“グルメ番組”ですから、ちゃんとおいしいものが出てきます。ゴミ山ではお赤飯

――予想もつかない組み合わせです。

上出 僕も最初見たとき、ビックリして「おぉ、赤飯だ!」って言いましたもん。本当にゴミ山の、まさにど真ん中で赤飯炊いて食うんです。

――じっさいの映像が楽しみです。そのゴミ山の存在は、ケニアに行く前から知っていたんですか?

上出 事前にケニアテレビニュースを見たり、YouTubeサーフィンしたりして、ここは殺人がすごく起こっている場所だなと気付いて興味を持ちました。日本のメディアでは見たことないんですけどね。

「超危険地域」ディレクター自ら”防弾チョッキ着用”で敢行

――やっぱり情報収集は海外ニュース

上出 じゃないと、日本のテレビですでに見たことのあるVTRになっちゃうんです。こういう番組でケニアに行くというと大体「キベラスラム」というところになるんです。「アフリカで一番ヤバいスラム」って言われてるんですけど、もう観光地のようで。行くと、「あ、またカメラ来た」「どうだヤバいだろ、これ」って変なものを出してくる。

――でも今回のゴミ山みたいにある意味メディア慣れ”していない場所に行くのって危なくないですか? やっぱり初回のリベリアでカメラを強奪されるシーンが印象的で。

上出 今回のケニアすごい危ない。だけど、それを具体的に言うとまた怒られるんだよな……。「またお前やったな」ってなっちゃう。

――そんなに大変だったんですね。

上出 さっきも言いましたけど、ゴミ山って殺人事件が頻繁に起こっていて、ケニアニュースにはしょっちゅう出てくる。そこに住んでいるのは、裏表がある人たちなんです。昼間はそんなに表立って事を荒立てない。でも日が暮れた瞬間にすごく危なくなる。

 実はこっそり防弾チョッキ着て行ってるんですけど、リベリアのときと同じく「金払えよ!」って囲まれて。今VTRを編集している途中ですけど僕ももうその状況に飽きてて、それは放送上ではカットしてます。

 ただ今回、それ以外に本当にゾッとする結末が待っていて。それをオンエアに乗せるのか乗せないのか、すごく迷っている。それは事実としてあった。でも言わないほうがいいかもしれない。そこは「あ、言ったな」なのか「さすがに言えなかったのかな」なのか……はい。ここはぜひ、オンエアで確認してください。

「今のテレビにはああいうのが必要なんだよ!」番組ファンの有吉も参加

――特番は夜9時~、初のゴールデンタイムでの放送ですよね。これまでと撮り方は変えましたか?

上出 これが全くないんですよね。もちろん視聴率は大事だし、意識しています。でもたまに偉い人からコソッと「数字だけじゃないんだよ」と言って頂いたりして「そうっすよね。関係ないっすよね」って(笑)。ただ、裏番組はかなり意識しましたね。

――何がありましたっけ?

上出 『はじめてのおつかい 3時間スペシャル』 という最強の敵がいます。そこであえておススメしたいのが『はじめてのおつかい』で中和する見方です。ちょうどいい感じだと思うんですよ。「もう子どもはいいかな」って思ったらゴミ山。「もう、ちょっとゴミはきついな」と思ったら子どもを見てもらって……4チャンと7チャンを行き来して欲しい。

――あとはMCですよね。今回はいつもの小籔千豊さんに加えて、ゲスト有吉弘行さんが新たに参加されます。

上出 実は僕、有吉さんの自転車旅の番組もディレクターとして担当しているんです。いろんな島に行って自転車でまわる。打ち上げでスタッフみんなでお酒飲むんですけど、いつも有吉さんに「お前、ゴミ食うやつだろ」って(笑)。番組の細かい感想も言ってくれて「今のテレビにはああいうのが必要なんだよ!」って酔っ払いながら。

 今回ゴールデンだし「有吉さん、来てもらえますか?」って聞いたらすんなり快諾してくれて。『はじめてのおつかい』のウラ、飾りけの無いスタジオで45歳の芸人が2人。なかなか渋い絵になりそうで楽しみです。

(#2へ続く)


#2 テレ東が放つ劇薬『ハイパーハードボイルドグルメリポート』はこうして誕生した
https://bunshun.jp/articles/-/12826

写真=平松市聖/文藝春秋

かみで・りょうへい/1989年生まれ。早稲田大学法学部卒。2011年テレビ東京入社。バラエティ番組を制作する制作局に配属。『ありえへん∞世界』のADを務める。その後ADとして『世界ナゼそこに?日本人』の立ち上げに関わり、当番組でディレクターデビュー。海外ロケばかりを繰り返す6年間を経て、『ハイパーハードボイルドグルメリポート』を立ち上げ。現在は『学校では教えてくれない!所さんのそこんトコロ』のディレクターなど兼任。

テレ東が放つ劇薬『ハイパーハードボイルドグルメリポート』はこうして誕生した へ続く

(てれびのスキマ)

『ウルトラハイパーハードボイルドグルメリポート』を手掛ける上出遼平P