日生劇場は、NHK みんなのうたミュージカルリトルゾンビガール』(仮題)を、2020年の日生劇場ファミリーフェスティヴァルにおいて上演する。出演は上白石萌音一路真輝 ほか。なお、同作品は2020年8月下旬~10月上旬にかけて全国公演もおこなわれる。

イメージイラスト:柴山恵理子

イメージイラスト:柴山恵理子

リトルゾンビガール』(仮題)は、「手のひらを太陽に」をはじめとする、NHKみんなのうた」歴代の名曲を全編に散りばめた新作ミュージカル。日生劇場とNHKエンタープライズ、東宝演劇部の共同企画制作事業となる。1961年の放送開始から、1,300 曲以上の名曲を送り出し、広く国民に親しまれてきたNHKみんなのうた」が、1963年の開場以来、数多くの子ども向け作品を届けてきた日生劇場で、子どもから大人まで、家族そろって楽しめるオリジナルミュージカルとなる。

人里離れた森で暮らすゾンビ女の子である主人公ノノ役を演じるのは、映画に、テレビドラマに、ミュージカルにと、ジャンルを超えて活躍を続ける注目の女優・上白石萌音。また、ノノと人間の男の子ショウとの禁じられた友情を優しく見守るゾンビの長老・リリィ役で一路真輝が久しぶりの日生劇場への登場となる。

イメージイラスト:柴山恵理子

イメージイラスト:柴山恵理子

■上白石萌音(ノノ)コメント

たくさんの音楽を、歌う楽しさを、「みんなのうた」に教わってきました。その曲たちを舞台からお届けできるなんて、とても感慨深いです。そして、幼い頃に舞台を観た時の感動と興奮は、今も色褪せずに日々の原動力になっています。この舞台も誰かにとってのきっかけになれたなら、ほんとうに素敵なことだと思います。世代を問わず家族で楽しめる物語の中に、実は大人たちへのメッセージが強く込められているようにも感じます。時を越えて愛される・「みんなのうた」と旅をするのが今から楽しみです。まさかのゾンビ役に驚いていますが、遊び心と勇気を持って、人間らしく、精一杯務めさせていただきます。

上白石萌音×ノノ  (イメージイラスト:柴山恵理子)

上白石萌音×ノノ  (イメージイラスト:柴山恵理子)

■一路真輝(リリィ)コメント

小さい頃から、大人になってから、そして子育てをしながら・「みんなのうた」を楽しみ、共感し、励まされてきました。そのうたの数々の世界の中でミュージカルが出来る!こんな素敵な事があるでしょうか。お子様から大人まで幅広い年代の方々が楽しめる舞台になると思います。参加させて頂ける事に幸せを感じています。素敵な舞台になるよう頑張ります!

一路真輝×リリィ  (イメージイラスト:柴山恵理子)

一路真輝×リリィ  (イメージイラスト:柴山恵理子)


 

あらすじ
森に住むゾンビの小さな女の子・ ノノ。ゾンビたちは憎き敵、人間と離れて愉快に暮らしていました。ところがある日、そのゾンビ達が住む森に、人間たちが押しかけてきたのです。一体何の目的で森へやってきたのか?不安に震えあがるゾンビ達。そこでノノが正体を隠して、人間の街へスパイに行くことになりました。人間の街にきたノノは、大人しくて心優しい人間の男の子ショウと出会います。「人間は恐ろしい奴ばかり」と聞いていたのにノノはショウとの優しさに戸惑います。仲良くなってはいけないはずの二人の友情の行方は?そして争い合うゾンビと人間の未来とは?放送開始から約60年、NHKみんなのうた1300曲以上の中からよりすぐった名曲と共に、みなさまに小さな友情物語をお届けいたします。
 

 

上白石萌音・一路真輝