ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

韓国スーパー協会

7月15日の午前にソウルの日本大使館前にて、「過去の歴史にて反省のない日本の貿易報復に対する糾弾及び日本製品の販売中止を拡大宣言する記者会見」と韓国スーパー協会の会員が日本政府の経済報復の銃弾するパフォーマンスを行った。

韓国スーパー協会の会員らは日本製のビールスポーツ飲料をバケツにぶちまけるというパフォーマンスを決行。

■日本製品不買及び販売中止は効果あるのか?

今回の日本製品不買は異例で、小売店自らが日本製品を取り扱わないという異例事態。しかしこうしたパフォーマンスを行っている人とは別に、日本製品が売れないと売上にかなり響く、日本のビールじゃなければダメだという声もかなり挙がっている。それどころか今回の事態を全く気にせずユニクロや日本製品、日本のゲームを楽しむ若者は多い。

過去にも何度も日本製品の不買運動は行われてきたが全て失敗に終わってきた。今回は小売店自ら店舗から日本製品を撤去するという運動だが果たしてどうなるのか。

先ほど行われたもので速報としてお届けする。なお日本大使館は建て替えのために別の場所に一時移転している。

続報:【悲報】日本製品の不買運動を撮影した写真 日本製カメラで撮影されたものだった
関連:韓国の高校が日本製品不買運動を宣言し日本産ボールペンやサインペンを捨てるパフォーマンス

EXIF情報(Canon EOS-1D X Mark II)

日本製品の不買運動

日本製品の不買運動

日本製品の不買運動

日本製品の不買運動

日本製品の不買運動