久保が名GKナバスを翻弄して2ゴール、華麗なまたぎフェイントも披露

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英が、トップチームの北米遠征中に行われたトレーニングで特大のインパクトを残した。華麗な足裏フェイントなどでコスタリカ代表GKケイラー・ナバスを翻弄して2ゴールを奪い、クラブ公式がゴール映像を公開。スペイン紙は「素晴らしい」と手放しで称え、「レアルの新たな名手」と激賞している。

 レアルは現在、バイエルン(現地時間20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに向けてトレーニングを連日実施。カナダ合宿で徐々に強度を高めたメニューを行っているなか、レアルB(カスティージャ)所属の久保もトップチームに帯同している。

 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスウェールズ代表FWギャレス・ベイルブラジル代表DFマルセロ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマなどスター選手たちも本格始動するなか、18歳の久保が存在感を放つ。

 レアル公式ツイッターが公開した映像では、久保の2ゴールを収録。1点目は、左サイドから中央にパスが入った瞬間、3人目の動きで縦へ抜け出した久保が守護神ナバスと1対1の場面を迎える。左足でシュートを放つような仕草を見せた次の瞬間、足裏でボールを転がすフェイントで名GKを手玉に取ると、タイミングずらして右足で難なくゴールを決めた。

 さらに2点目のシーンでは、ゴール前に侵入した久保が華麗なまたぎフェイントで対峙した相手を抜き去り、再びGKナバスと対面。ニアサイドに立ってコースを消しにかかるなか、わずかに空いたコースを狙って久保が左足アウトサイドで絶妙なシュートを放ち、逆サイドネットを揺らしている。

 一連のプレーを受けて、スペイン紙「AS」のUSAツイッターは「ケイラー・ナバスは、レアル・マドリードの新たな名手によって目がくらむ」と言及。さらに記事では「詩のような動き:ナバスから奪った久保の二つのゴラッソ」「素晴らしい」と記した。久保への注目度は高まる一方で、プレシーズンマッチに向けて期待が膨らんでいる。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】