ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。昨年8月に開始し、みあが書き下ろす小説を軸に、「音楽×小説×イラスト」を連動させた、三月のパンタシアの自主企画『ガールブルー』の今夏の最新企画「8時33分、夏がまた輝く」がスタートした。

ボーカルみあが小豆島を舞台に書き下ろした物語「8時33分、夏がまた輝く」を原案にbuzzG主題歌: 『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』を制作し、イラストダイスケリチャードが担当している。

「8時33分、夏がまた輝く」は東京生まれ、東京育ちの消極的な性格の主人公:葵(アオイ)がひょんな事から、小豆島に住む、叔母のカフェ夏休みの一か月限定で手伝うことになり、そこで出会ったのは天真爛漫でマイペースな悠ちゃんと小豆島の自然の美しさに触れ、だんだんと心が変化していく物語。

夏企画キービジュアル_第二弾

夏企画キービジュアル_第二弾

企画はみあ公式Twitterアカウント(https://twitter.com/3_phantasia)にて小説の連載開始と共に幕を上げた。同時に三月のパンタシア公式YouTubeチャンネルでは主題歌: 『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』が公開された。

また、主題歌:『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』も配信&ストリーミング配信が開始。

■「8時33分、夏がまた輝く」の主題歌「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」第二弾ティザー映像(サビVer.)

ぜひ、小説を読みながら、楽曲を聴き、より深く三月のパンタシアが創り出す、とびきり切なく甘酸っぱい青春世界に入り込んでみよう。

夏企画キービジュアル_第一弾