BUMP OF CHICKENが「流れ星の正体」のMVを公開した。

流れ星の正体」は、最新アルバムaurora arc』の最後に収録されている曲で、藤原基央(Vo/Gt)が音楽雑誌・B=PASS(シンコーミュージック刊)にて17年超にわたり連載していた手書きコラムコーナー“fujiki”の最終回を迎えるにあたり生まれたナンバー。連載最終回では、コラムを執筆しているうちに歌詞と曲が同時に紡がれた様子が、藤原の直筆で読者に伝えられ、その後、1番の弾き語りバージョン2017年1月にオフィシャルサイトで期間限定公開。それから2年強が経過した今年4月には、2番まで歌いつないだバージョンバンドの公式YouTubeチャンネルInstagramアカウントで発表していた。

映像は、3月に発表された「Aurora」MV および現在開催中の『BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark』における「Aurora」の演出映像と同様、映像作家の林響太朗氏が制作。さまざまな登場人物が自分の人生を歩んでいく様子を、叙情的な色味で丁寧に表現している。

また、本日発表された7月22日付けオリコン週間アルバムランキングでは、『aurora arc』が前作アルバムButterflies』を上回る約20.2万枚を売り上げ、初登場1位を獲得。7月9日付けオリコンデイリーアルバムランキングにて初登場132,682枚を記録したのち、翌日以降5日間連続でデイリーランキング1位を保ち続け、BUMP OF CHICKENアルバムとしては4作連続初登場1位にランクインすることになった。

なお、現在開催中のアルバムリリースツアーBUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark』のファイナル公演にあたる東京ドーム2DAYSイープラス最速プレオーダーが、本日・7月16日(火)正午~7月22日(月)23:59にかけて行われる。さらに今週末7月20日(土)には京セラドーム大阪ナゴヤドーム公演のチケット一般発売がスタートするのでお忘れなく。

BUMP OF CHICKEN