代替テキスト

漫画「遊☆戯☆王」の作者・高橋和希氏が7月15日Instagramを更新。選挙に行くよう呼びかけた。だが同作のキャラクターで「独裁政権」と現政権を揶揄したたため、ネットで物議を醸している。

高橋氏は同日、自身のInstagramで《YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOXが11月に発売されます》《内容はボリュームたっぷりなのですが、値段も高く、分厚い本なので購入される方、そして宅配業者の方にはホント 申し訳ありません そして ありがとうございます!》と投稿。続けて7月21日にひらかれる参議院議員選挙について触れ、《本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ! ヤバイ~~!!》《アテム決闘者のみんな!今こそ正義の一票スタンバイだぜ!!」》とつづった。

さらに高橋氏は「遊☆戯☆王」の主人公武藤遊戯が「Let’s VOTE!」と書かれたカードを持ったイラストアップ。その後ろには同作に登場するキャラクターブラックマジシャンブラックマジシャンガールも描かれているが、2人にはこんな吹き出しがついている。

《ホント…日本て住みづらくなっちゃった》
《独裁政権に未来は暗黒次元(ダーク・ディメンション)》

連日、著名人がSNSを通じて選挙に行くよう呼びかけている。これまで政治的な言動を避ける流れがあったため、彼らの投稿はそのたびに大きな反響を呼んでいる。しかし高橋氏はキャラクターで「独裁政権」といった過激な表現を用いたため、Twitterでは否定的な声も上がっている。

《作者本人が政治的発言をするのは個人の自由だろうけどキャラクターに言わせるのはちょっと違うと思う。自分で作り上げた世界観を壊してしまう恐れのある行動はどうかねぇ? 単に「選挙へ行こう!!」ってならまだ分かるけど「遊戯王」って元々そういう漫画じゃなかったし》
《私が子供の頃好きだったセーラーマーキュリー武内直子が「売国政権」やら「民主党政権は悪夢」やら言わせてたらドン引きしてただろうから、遊戯王ファンが幻滅する気持ちはわかるわ
遊戯王とは別のオリキャラでも描けばよかったのに》

いっぽうで賛同する声も上がっている。

遊戯王の作者が左右どちらからでも仕事として請け負って自分のキャラクターに政治的発言をさせたらただのプロパガンダだけど、なんだか世の中に腹が立って思わず書いたなら誰に文句の言いようのない「表現」です。彼に怒っている人は「まんが家が表現すること」に怒っているに等しい》
《あくまで作者の生み出したキャラなんだから、何言わせるかは作者が決めることだろ。受け手が批判する問題ではない》
《「干される」とかを気にしてるより、ずっと健全だよ》

同日、Twitterでは「高橋和希先生」「売国政権」「暗黒次元」といった言葉が軒並みトレンド入り。事態を重くみた高橋氏は《なにやらお騒がせしております。いろいろ意見を頂き、キャラクターに政治的表現をさせてしまった事、ファンの皆様に深くお詫び申し上げます》とInstagramで謝罪している。