マツコ・デラックス

16日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に、女優・片桐はいりが登場。その優雅な趣味が話題だ。

 

■浦賀を取材

番組は「電車の終着駅を調査した件」を放送。京浜急行電鉄の終着駅である神奈川県横須賀市浦賀駅を訪れる。この地はペリーが黒船で来航し、開国を迫った街で、カレーなどとにかくグッズが多いのだという。

そんな取材班の前に「ペリーからもらった鍋を持っている」という高齢男性が現れる。スタッフは「見せてください」というが、「つまらないテレビには出せません」と断られてしまう。

さらに妻と思われる女性に「見せてもらえません? 関ジャニ∞村上信五が司会なんですけど」と頼みこむが、「ああ知ってる。好きじゃないのよ、ああいうお笑いの方」とバッサリ斬られてしまった。

 

■こき下ろす地元民も

次に出演した女性は「浦賀は坂が多くて面倒くさい。ロクなところじゃないよ、浦賀嫌い」「お金がないから引っ越せない。みんな人間が貧乏たらしいから、浦賀は嫌だ。死んでる街」とこき下ろす。どうやら浦賀住民は、ご当地があまり好きではないようだ。

■片桐はいりと遭遇

さらに取材班の前に現れたのが、どこかで見た女性。よく見ると、女優の片桐はいりだった。なぜここにいるのか聞いてみると、

「本を読みたかったので、来た電車に乗ろうとしたら、行き先が浦賀だった」

 

と話す。片桐はいりは行き先を決めずに電車に乗り、本を読みながら終点に行くのが趣味なのだという。偶然の遭遇に戸惑う彼女は、「せめて映画の宣伝をさせてほしい」と懇願。

マツコが「それくらいの宣伝してください」と話し、自身出演の映画を宣伝する。そして番組は浦賀について、「ペリーは開国、片桐はいりは宣伝を迫る街」と結論づけた。

VTRを見たマツコは「凄いわ」と一言。さらに「はいりさん、ありがとうございました」と礼を述べた。

 

■片桐はいりの趣味に称賛

片桐はいりの「本を読みながら終点に行く」という渋い趣味に、驚きや「かっこいい」といった称賛の声が上がっている。

 

■電車で読書をする人は少ない

片桐はいりの電車のなかで読書し、終点まで行くという趣味。スマホを見る乗客が増え本を読む人間が減っているため経験したことがない人も多くなっているだけに、珍しいといえる。

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の男女1,400名を対象に「電車の中での過ごし方」について聞いた調査でも、「本を読んでいる」と答えた人はかなり少なかった。

電車に揺られながら本を楽しみ、終点までたどり着き、都会とは違った景色を楽しむ。周りに流されず自己の道を進む片桐はいりらしい趣味だといえるのでは。

・合わせて読みたい→筧美和子、笑顔のナース姿に興奮の声 「マジでヤバイ」「かわいい…」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年1月20日2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1400名 (有効回答数)

『月曜から夜ふかし』片桐はいりの趣味に「かっこいい」の声 マツコも絶賛