ZYYGが7月14日、東京・下北沢ReGで再結成ライブ「ZYYG LIVE ROCKIN' HIGH 2019 ~Dreamers~」を開催。令和の時代に再始動を宣言した。

【写真を見る】ファンからの「サイコー!」の声に応えるボーカル・高山征輝ら

■ 平成音楽史に確かな足跡を残した正統派ビートロックバンド

ZYYGは1993年デビューシングル「君が欲しくてたまらない」がサントリービールダイナミック」のCMソングに起用され、初登場でオリコンウイークリーシングルランキング3位に。

翌月にはZYYG, REV, ZARDWANDS featuring 長嶋茂雄として「果てしない夢を」を発表し、同・初登場2位となった。

その後、メンバーの入れ替えを経て、1994年から高山征輝(Vo.)、後藤康二(Gt.)、加藤直樹(Ba.)、藤本健一(Dr.)の体制で活動し、アニメスラムダンク(SLAM DUNK)」(1993年1996年テレビ朝日系)のオープニングテーマ「ぜったいに 誰も」が大ヒットを記録。

1996年からはライブを精力的に行い、全国を駆け巡っていたが、1999年に解散。当時行われなかったラストライブ2006年に実現し、大阪にファンが集結した。

そんな正統派ビートロックバンドとして平成音楽史に確かな足跡を残したZYYGが、令和元年に再始動することになった。

■ ZYYG、13年ぶりのステージ

ロックヒーローの登場を待つ、そわそわとした空気を切り裂くノイジーなサウンドが響くと、会場が暗転。

ZYYGのミュージックビデオを映していたスクリーンが上がり、ZYYGのメンバーは歓声と拍手に迎えられて13年ぶりのステージに姿を現した。

オープニングナンバーは「君が欲しくてたまらない」。時間の経過を感じさせない高山のパワーボーカルと、後藤、加藤、藤本が創る圧倒的なサウンドに、会場のボルテージは早くも最高潮に。

会場中から上がる「サイコー!」の声に応え、高山が13年ぶりに「ZYYGのLIVE ROCKIN' HIGHへようこそ!」と、その言葉を発した。

2曲目の「Noizy Beat」で完全に会場が温まると、ファンからの「おかえり!」の声が響く。高山の「ただいま」「最後までいこうぜ!」の言葉通り、ZYYGもファンも、1曲目からアンコールまで勢いを止めることはなかった。

会場が一体となったヒットシングル「ぜったいに 誰も」「JULIA」に加え、CD化されていない「Only Only You」など、ライブだからこそ聞けるレアナンバーを含めた全17曲を駆け抜け、高山は「ZYYG、始まるぞ」と宣言。再結成ライブを締めくくった。

ZYYGは7月21日(日)、2006年ラストライブを行った大阪・北堀江のヒルズパン工場で追加公演を行う。(ザテレビジョン

ZYYGが再結成ライブを行い、再始動を宣言した