元祖ミリタリーウォッチを大御所ブランドがブラッシュアップ。

携帯できる時計といえば懐中時計しかなかった1900年代の初頭、米軍の要請で初めて腕時計タイプの軍用時計を開発した「TIMEX(タイメックス)」。

昨年、「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」とコラボして発表したNAM WATCHは、ミリタリーウォッチらしい無骨さと機能性を維持しつつ都会的センスも封入。コレクターから屈強な時計を求めていたアウトドアフリークまで、さまざまな人種を虜にした。

タイメックス×ナイジェル・ケーボン レフェリーウォッチ ¥31320

ヴィンテージウォッチからインスピレーションを得てデザイン。

そして、今年もタイメックス×ナイジェル・ケーボンの傑作が誕生した。ベースは前作同様、タイメックスの看板モデル「Camper」。ナイジェル・ケーボンの本国であるイギリスの代表的スポーツフットボールのファクターを落とし込み、ちょいレトロでさり気なく主張する1本に仕上げた。

フットボールフェリー懐中時計ライクなストップウォッチを使っていた時代のヴィンテージウォッチモチーフで、45分ハーフを示す図が盤面に。スポーティな替えベルトには、デザイナーが愛するクラブ、スカンソープ・ユナイテッドFCのチームカラーを投影した。

ナイロンとレザーのベルト計2本と、特製キャンバスバッグが付属。本体には限定刻印も。

ベトナム戦争時に兵士たちから信頼されたベースだけに、耐久性や視認性の高さは申し分なし。タフな環境でも安定して性能を発揮してくれるから、アウトドアシーンでの活躍だって期待できる。もちろん、アクセサリーとしても実用性と同等の満足度が得られるはず。

瞬く間にソールドアウトとなった前作を超える出来栄えだけに、のんびりしていると後悔すること必至だ。ヴィンテージウォッチの趣を有しつつ、モダンファッションにもハマる「REFEREE WATCH」。早めにロックオンしておくのが正解だろう。


(問)アウターリミッツ tel03-5413-6957 www.cabourn.jp

GO OUT WEB