初回に逆転の適時打を放った直後の走塁時に負傷

■中日 3-2 阪神(16日・ナゴヤドーム

 中日の高橋周平内野手が16日、本拠地での阪神戦で負傷交代した。

 この日「5番三塁」で先発した高橋は初回、同点に追いつき、なおも1死一、三塁のチャンスで打席に立った。ここで阪神先発の岩田から三遊間を破る逆転の適時打を放った。

 だが、続く阿部の2球目に離塁が大きくなり、捕手からの牽制でタッチアウトに。その際、一塁に頭から戻った際に右手の指をベースに突き、トレーナーに付き添われてベンチに下がった。2回の守備からは三塁に堂上が入り、高橋は交代。試合後、与田剛監督は高橋の状態について「指ですね。ベースに指を突いたよう」と話していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

中日・高橋周平【写真:荒川祐史】