連日圧巻のスキルを披露し話題、英紙もレアルの“新星”に注目

 海外サッカースペインリーグ1部レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は北米遠征に帯同し、超豪華メンバーとともに連日練習に参加。バックヒールや、GKケイロル・ナバスを絶妙なフェイントで交わしゴールを決めるなど、卓越した技術を早くも見せつけている。英紙でもレアルに加わった新星「タケフサ・クボ」にフォーカス。「素晴らしい動きを見せ、同僚を驚嘆させた」と称賛を連発している。

 レアルBの所属ながら、カナダに遠征中のチームに帯同し、早くも卓越した存在感を見せている久保。ロングボールスーパートラップすれば、巧みなステップでチームメートを翻弄し、さらに足裏での絶妙なフェイントでGKナバスからゴールを奪うなど、連日のように好プレーを披露している。

 そんな久保に脚光を浴びせているのは、英紙「デイリーミラー」だった。「“日本のメッシ”タケフサ・クボがレアル・マドリードスターへ」と題して特集を組んでいる。

 記事では「日本の新星であるタケフサ・クボがシーズン前のトレーニング素晴らしい動きを見せ、レアル・マドリードの同僚を驚嘆させた」と題し、18歳新星のパフォーマンスを紹介している。

将来性についても言及「クボは見逃せない選手になる」

「クボはすでにファーストチームトレーニングに参加している。はるかに名声高く、経験豊富な選手を相手に対応するだけでなく、それ以上のことができているようだ。

 彼は巧みなバックヒールゴールキーパーのケイロル・ナバスを相手にワンダフルなゴールを決めた姿を撮影された。また、コーチも感心しているようだ」

 卓越したスキルがすでに高い評価を受けていると伝えている。さらに将来性についてはこう言及している。

「クボは将来見逃せない選手になる。彼は現在、来シーズンファーストチームへ割り込もうと、願っている」と伝え、世界的なスターへと成長する過程にも熱視線を送っている。(THE ANSWER編集部)

久保建英に英紙も称賛を送っている【写真:Getty Images】