およそ9年ぶりのシリーズ最新作『トイ・ストーリー4』が現在公開されている。このシリーズと言えば、『トイ・ストーリー2』(99)のジェシーや『トイ・ストーリー3』(10)のロッツォ・ハグベアなど、毎回個性豊かな新キャラクターが登場することも魅力の一つ。ということで、本作に出てくる新キャラクターたちをご紹介!

【写真を見る】『トイ・ストーリー4』には、かわいらしい新キャラがめじろ押し!

前作の最後で、アンディからボニーのもとへと渡ったウッディをはじめとするおもちゃたちは、新しい家でにぎやかな日々を過ごしていた。そんな時、新たなおもちゃが仲間入りするも、キャンピングカーでの旅行中に逃げ出してしまい、彼を連れ戻そうとウッディ冒険の旅へ出ることに…。

そんな今回の騒動の発端となるのが、新キャラクターフォーキーだ。ボニーが自作したおもちゃで、ボディは使い捨て先割れスプーン。手はカラーモール、足は粘土で固定されたアイスの棒でできており、どこか間の抜けていそうなルックスがかわいらしい。ごみ箱の中の材料で作られたフォーキーは、ボニーの一番のお気に入りであるにもかかわらず、自分のことをおもちゃではなくゴミだと思っており、旅行中に逃げ出してしまうのだ。

そんなフォーキーと彼を追ったウッディがたどり着いたアンティークショップで出会ったのが、ギャビー・ギャビー。1950年代に作られたお人形で、ボイス・ボックス内蔵型のぱっちりとした目が愛らしい。背中のヒモを引けばおしゃべりができるはずだが、不良品のため声が出せず、店の奥でひっそりと、子どものそばで愛されたいと願っている。ウッディをうらやましくも思っており、少し怖い雰囲気を放っているが…。

またウッディの冒険の手助けをするのが、カナダ出身のスタントマンおもちゃデューク・カブーンだ。バイクセットおもちゃだが、CMのように高くジャンプすることができず持ち主の子どもから飽きられてしまい、そのことがトラウマとなり自分に自信が持てなくなっているという、見た目に反して奥深い一面が。声を演じているのは、キアヌ・リーブスで、バイク好きな彼をどことなく彷彿させるような、哀愁漂うユーモラスなキャラクターとなっている。

このほかにも、ウッディたちを探してバズがたどり着く、移動式遊園地の景品のカラフルぬいぐるみ・ダッキー&バニーは、もふもふの見た目がかわいらしいが、実はひねくれた性格で毒舌を吐き、まるでお笑いコンビのようなキャラクター。また、19年ぶりにシリーズ復帰を果たし、ウッディに大きな影響を与える陶器人形ボー・ピープの親友で、彼女の肩に乗って行動を共にし、はっきりとした性格でアドバイスを送るギグル・マクディンプルズは、シリーズ史上最小のおもちゃだ。今回も新たなキャラクターにたくさん出会える本作。ユニークな彼らがどんな物語を紡ぎ出していくのか?ぜひ劇場でその姿をチェックしてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

手作りおもちゃのフォーキーら『トイ・ストーリー4』の新キャラクターをチェック!