海外メディアコパ・アメリカでの好プレーを高評価「同僚よりも上のレベルにいた」

 スペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英は、北米遠征でブラジル代表DFマルセロやベルギー代表MFエデン・アザールスター選手たちと汗を流し、海外メディアからも熱視線を送られている。20日からは新シーズン初の実戦となるインターナショナルチャンピオンズ・カップ(ICC)が始まるなか、「プレシーズンに注目すべき5人の若手」に選出。「正真正銘のスーパースター」と称賛されている。

 久保は日本代表の一員として参加していたコパ・アメリカ南米選手権)期間中に、レアルへの電撃移籍が決定。新シーズンレアルB(カスティージャ)からのスタートながら、北米遠征中のトップチームに帯同し、カナダで連日トレーニングに汗を流している。

 初日にはミニゲームドイツ代表MFトニ・クロースからのパスを受けて元フランス代表FWカリム・ベンゼマゴールアシストし、14日にはコスタリカ代表GKケイラー・ナバスと1対1の場面を鮮やかなテクニックで翻弄するなど、スター選手たちのなかで臆することなくプレー存在感を示している。

 サッカー専門サイトOnefootball」は、「プレシーズンは若手が長いシーズン前に監督にアピールするチャンスだ」と切り出し、「今夏に注目すべき売り出し中の若手5人」を独自に選出。企画の最初に登場するのが、18歳のレフティー久保だ。

レアル・マドリードは正真正銘のスーパースターを手にできるだろう。久保建英は、コパ・アメリカ日本代表の同僚よりも上のレベルにいた。彼の輝かしい左足は、ジネディーヌ・ジダンに印象を残すことができた」

 記事では、このように文字通り絶賛しており、来たるICCでのデビューに期待を寄せている。スペインの全国紙「AS」で「KUBO MANIA」(クボマニア)と一面を飾るなど、日本をはじめとするアジアだけなく、スペインなど欧州でも注目度が増している久保。“白い巨人”のユニフォームを身に纏ってピッチに立つ瞬間を多くの人々が待ち望んでいる。

Onefootball」が選出した「プレシーズンで注目すべき5人の若手」は以下の通り。

久保建英レアル・マドリード18歳日本代表MF)
ダニエルジェームズマンチェスター・ユナイテッド/21歳/ウェールズ代表MF)
ルシアン・アグメ(インテル17歳フランスMF)
ブカヨ・サカ(アーセナル17歳イングランドFW)
キ=ヤナ・フーフェルリバプール17歳オランダDF)(Football ZONE web編集部)

レアルMF久保建英【写真:Noriko NAGANO】