令和元年は『荒野行動』が熱い!

 『荒野行動』は言わずと知れたスマホ向けバトルロイヤルゲームだ。現在、大規模eスポーツ大会“荒野Championship-元年の戦い”を開催中で、最終決戦に向けてその勢いは加速度的にヒートアップ

 2019年7月7日に開催された西日本王者決定戦は注目度バツグン。配信の同時視聴数は2万人を超え、アーカイブの再生数は33万回を突破している。

 つぎなる戦いは7月21日開催の東日本王者決定戦。5つの配信プラットフォームで生放送が実施されるので、激闘の模様をお見逃しなく!


※この記事は『荒野行動』の提供でお送りします。





【画像2点】「『荒野行動』7月21日にeスポーツ大会“荒野Championship”の東日本王者決定戦が開催。日本最大級の大会の注目ポイントとは?」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

【東日本王者決定戦の配信先一覧】

YouTube

Twitter

OPENREC

Rakuten LIVE
(“Rakuten LIVEアプリインストールされているスマホクリックするとアプリが起動し、『荒野行動プロフィールページが開きます。PCやアプリインストールスマホクリックすると、アプリストアに遷移します)

Mirrativ
(Mirrativアプリ上で視聴)

【配信の出演者】
[参加者]東日本オンライン選抜戦勝者 最大120
(5名×20チーム/補欠・1名×20チーム

[MC]郡正夫
[実況]柴田 将平
[解説]Bocky(ボッキー)


ポイントその1 日本eスポーツ史上、最大規模の大会
 “荒野Championship-元年の戦い”は日本のeスポーツの歴史において、最大規模の大会を目指して開催されている。

 大会の規模と言うと、注目されやすいのは高額賞金。本大会の賞金総額も2500万円と高額ではあるが、最大の特徴はそこではない。特筆すべきは参加人数の多さだ。

 “荒野Championship-元年の戦い”は、15歳以上などの条件を満たした5人でチームを組めば参加可能なオープン大会。スポンサーの名前を背負ったプロゲーマーも、『荒野行動』を愛する一般プレイヤーも、同じリングで戦える。

 公式発表によると総参加人数は50万人超え。競技人口が多ければ、それだけ試合のレベルも高くなる。プレイヤーはもちろんのこと、観戦者も熱くなれるのが“荒野Championship-元年の戦い”なのだ。


ポイントその2 各チームの戦いかたに要注目
 最後まで生き残ることが『荒野行動』の試合における目的。大会でもそれは変わらず、基本的には終盤まで生存しているチームほど高ポイントを獲得できる。

 隠れながら慎重に戦うのがセオリーだが、その常識を覆したチームがある。西日本チャンピオンのDgGteamEINSだ。

 最終的な順位は、試合ごとの順位ポイントと敵を倒した“キルポイント”の累計で決定される。DgGteamEINSは順位ポイントはそれほど稼げなかったものの、圧倒的なキルポイントで王者の座をもぎ取ってしまったのだ。

 DgGteamEINSによる連続キルや早期での優勝候補チーム全滅など、西日本王者決定戦は見どころ満載だった。熱戦の模様はYouTubeアーカイブを見てほしい。


 『荒野行動』は観戦も楽しいゲームだ。各チームの戦いかたには個性があり、自分に合ったチームを見つけると応援に力が入る。7月21日に東日本王者決定戦の配信を鑑賞し、好みのチームを探すのも一興だ。

 そして、東西の王者決定戦の各上位9チーム8月12日に開催される“荒野王者決定戦”に駒を進める。この最終決戦は試合会場に足を運んで熱気を肌で感じることも可能だ。

 2019年は冷夏が予想されている。それでも、『荒野行動』の熱さは留まることを知らない。