高校生が志願したい大学ランキング

リクルート進学総研は7月17日高校生に聞いた大学ブランドランキング「進学ブランド力調査2019」の結果を発表した。調査は今年4月に実施し、関東・東海・関西各エリアの高校に通っている2020年3月卒業予定の高校3年生1万1544人から回答を得た。

志願したい大学は、関東エリア1位が「早稲田大学」で3年連続。2位が「明治大学」となった。東海エリアも1位が3年連続「名城大学」、2位「名古屋大学」。関西エリアは1位が12年連続「関西大学」、2位「近畿大学」となった。

関西エリアは男女・文系ともに1位「関西大学

関東エリアの男子1位は「早稲田大学」、女子1位は「青山学院大学」。文理別だと、文系1位は「早稲田大学」、理系1位は「東京理科大学」となった。いずれも昨年2位で今年首位に返り咲いた。

東海エリアの男子1位は昨年同様「名城大学」で、女子1位の「愛知淑徳大学」は昨年5位から大幅にランクアップした。文系1位は「南山大学」「愛知大学」で、理系1位は「名城大学」。

関西エリアは男女・文系ともに1位は「関西大学」。理系1位は昨年4位の「大阪大学」となった。

「知っている大学」を聞くと、最も知名度が高かったのは関東が「早稲田大学」、東海が「名古屋大学」、関西が「近畿大学」となった。おしゃれイメージのある大学1位は関東・関西が「青山学院大学」、東海が「慶應義塾大学」となった。