ラグビーW杯開幕まで65日、連載「楕円の軌跡―レジェンドトーク2019」第6回は日本でのW杯を前にこの世を去った“ミスターラグビー”平尾誠二氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会まで、あと2か月あまり。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビーライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンドトーク2019」。

 第6回の今回は、2016年に53歳の若さで亡くなった“ミスターラグビー”平尾誠二氏にスポットを当てる。神戸製鋼、日本代表で共にピッチに立ち、その後は選手―指導者として、故人を最も近い位置で見続けてきた元木由記雄・京産大ヘッドコーチが、その偉大さ、素顔を回想する。

 ◇ ◇ ◇

 ワールドカップ日本大会へのカウントダウンが進む中で、多くのラグビー関係者が、その開幕を見ることなく急逝したことを惜しむ男がいる。

平尾 誠二

 卓越したゲームメークでプレーヤーとして、そして主将として伏見工高を花園初優勝、同志社大では大学選手権3連覇、そして神戸製鋼を日本選手権、全国社会人大会7連覇に導いた。現役引退後は指導者として神戸製鋼、日本代表でも手腕を振るったミスターラグビーは、2016年10月に胆管細胞癌のため世を去った。女性誌でグラビアなるほどの人気を誇る一方で、日本ラグビー界を見渡す独自のビジョンも兼ね備え、日本ラグビーを背負っていく人材と期待された男は、ワールドカップを待たずに人生のノーサイドを迎えた。平尾氏の故郷でもある京都の賑わいから離れた、上賀茂に拠点を置く京産大ラグビー部のクラブハウスで、元木氏が先輩であり上司でもあった故人について、思いをはせた。

「もちろん平尾さんのことは中学、高校時代から知っていました。でも本格的に交流を持てたのは、僕が19歳で日本代表入りしたときのアメリカカナダ遠征だった。確か初戦で平尾さんが目の上を切って退場されて僕が代わりに出場したんです」

 テレビドラマスクール☆ウォーズ」のモデルとなった伏見工高時代から天才と呼ばれてきた平尾氏だが、元木氏も大阪工大高2、3年と高校日本代表に選ばれた逸材。それでも、当時すでに最強軍団・神戸製鋼のスーパースターだった平尾氏は、遥か彼方の存在だった。

「遠征中も、そんなに親しくしゃべるような関係じゃなかった。『思い切ってやれ』とか声をかけていただいたと思いますが、(技術を)教えてくれるというのとは違ってましたね。近くで見て盗むという感じでした」

元木氏が知る“本当の平尾誠二”とは?

 19歳の元木少年は、その華麗なステップ、柔軟かつ鋭い判断力を盗もうと平尾氏のプレーを食い入るように見続けた。「上手いなという印象でした。戦略家で、ゲームを作る能力が高かった。それにリーダーシップがありました」。その印象は、敵味方に分かれて3度戦った日本選手権でも再認識させられた。

「相手の嫌がることを徹底してやってきた。それに、すごかったのはゲームの組み立てですね。どこでボールをまわすのか、キックなのか。そういう判断では、ミスはほとんどなかった」。いまならAI仕込みのラグビーサイボーグとでもいうべきだろうか。正確で計算し尽くされたプレーを、嫌というほど見せつけられた。

 しかし、平尾誠二の本当の姿を知ったのは、元木氏が神戸製鋼入りした後のことだった。誰もがイメージする華やかで計算されたプレーは、平尾氏の表側にあらわれた50%に過ぎなかったというのだ。

「平尾さんて華麗だとか上手いとか、そういう部分が非常に表に出ていましたけど、実はむちゃくちゃ熱い人で、すごく泥臭かった。神戸製鋼の練習でも、いろんなことにチャレンジしてのミスはいいんですけど、何も考えてないプレーはすごく怒られた。『あほか!』と、もうボロカスに言われましたね。あの怒り方は半端じゃなかった。スマートさと熱さの両方を持っていたんですけど、表に出るのは9対1か8対2くらいでスマートさだった。でも本当の平尾さんは、それが五分五分だった」

 精緻な思考と冷静な判断力、そして世界レベルの高いスキル。それに加えて、滾る(たぎる)ような熱い情熱を持ち合わせていたからこそ、神戸製鋼に集まった日本トップクラスの個性的な猛者たちも、誰もが絶対的なリーダーと認めていたのだ。

 そんな“熱と知”を感じ取った上で、元木氏は選手としての平尾誠二をこう語った。

「相手を突破するような能力なら、他にも優れた選手がいた。でも、さまざまなことを考えてプレーする選手としては、やはり天才だったと思います。いいプレーヤーというのは2つ3つ先を読んでいるけれど、平尾さんはもっと先を読んでいた。判断をするスピードは、人よりものすごく早い。でも、ボール持ったときに自分の判断を人よりも断然長く遅らせられる。つまり、ぎりぎりまで判断を待てるプレーヤーでした。これができる選手は多くはない。そういう意味では、この人とやってたら大丈夫や、負けないなという安心感がありましたね」

情熱プラス最先端の科学技術で世界に挑んだ平尾氏

 では指導者としての平尾氏については、元木氏はどう見ていたのだろうか。

 最初の“師弟関係”は日本代表だった。平尾氏が実質上の現役引退となった1995年度末に、日本ラグビー協会が代表監督就任をオファー。平尾氏も元木氏とともに出場した95年ワールドカップで、日本代表オールブラックスに17-145という歴史的な惨敗を喫した。この危機的な状況の中で、同協会首脳から日本代表の再建とラグビー人気の回復という難題を託された平尾氏は、就任会見で「日本ラグビーの百年の計という思いでお受けしました」と歴史的な大変革を担う思いを語った。

 96年に発足した平尾ジャパンには、まさに平尾氏の思いやこだわりが盛り込まれていた

「指導者としての平尾さんは、まず厳しかった。練習がしんどかった。でも、これは土台作りからやろうと考えていたからだと思います。もう小手先だけでワールドカップで勝てるような時代ではなかった。もし本気で勝とうと考えたら、いままで以上のタフさも必要になってくる。まずそこをチームに植え付けようとしていましたね」

 このハードワークが“熱”なら、“知”の部分はデータを駆使した強化だ。

「あの当時のスポーツ界では、いまなら当たり前のスカウティングは、そんなにやってなかったと思います。そこに力を入れたのが平尾ジャパンだった。例えばゲーム分析でも、いまなら分析ソフトがありますけど、当時はなかった。僕が明大のときも、メンバーで一緒に試合のビデオを流しながら見て、ああだこうだと話し合っていた。

 でも平尾ジャパンでは、分析担当者がVHSビデオビデオつなぎ合わせたり、よく徹夜で分析用の映像を作っていましたよ。相手チームに関しても、具体的にスクラムをどう組んでいるかとか、BKのディフェンスラインはどう機能しているかなど、非常に細かい部分まで分析していた。いまほど詳しくはないけど、タックル成功率、タックル回数などもデータ化していましたね。そのデータで目標を具体的に作れたり、自分にはすごく役立ちましたね」

 CTBとしてグラウンドに立ち、指導者としても共に戦ってきた中で、平尾氏の思考や情熱が、血となり肉となって元木氏は日本を代表する選手に育っていった。そんな中で、いまでも覚えている故人からの言葉がある。

「まだ神戸製鋼入りを決める前でしたけど、『世界を見ろよ』と言われたんです。内心では、海外留学か神戸製鋼のいずれかだと思っていた。だから平尾さんのような人から、そう言われたことで、なんだか行けるんじゃないかと嬉しかったのを覚えています」

 元木氏は、国内チームで海外に目を向けているのは神戸製鋼だけだと確信していた。当時は前例の少なかった海外留学は実現しなかったが、世界を意識してラグビーに取り組む平尾氏のもとでプレーすることに迷いはなかった。

平尾流の「創造的破壊」こそが強さの源泉

チームに入ってみると、やはり海外の情報なんかに敏感だった。そして、日本のラグビーを、新しい戦術や考え方で引っ張っていきたいという思いが、チームの文化になっていた。平尾さんも他の先輩たちも、勝ち続けるためにはいままでと同じことをやっていたらアカンと、よく話していましたね。いまあるものを壊して、新しいものにチャレンジしていかないと勝てないと」

 平尾氏が生前よく使っていた言葉に「創造的破壊」というものがある。まさに元木氏が語った、新しいものを作るためには、従来のものを打ち壊す必要があるということを言い表したワードだ。

 京産大ヘッドコーチを続ける中でも、元木氏の中に故人の教えが脈打っている。

「僕も判断という面では厳しくしてきたんです。考えてプレーしないことには、先につながっていかない。いまは、すごく形ありきというラグビーになりつつある。なので、日頃から考えさせて、プレーさせることが重要になっている。もともとラグビーというのは自由なものです。サインがあるから、絶対にやらなきゃいけないというスポーツじゃなくて、防御や相手の状況で常に変化していくのです。個人個人が判断する中で、周りがそれに反応し合っていくのが、ラグビーの面白いところですから」

 平尾氏が活躍した同志社ラグビー部の標語ともいえるのが「自由に」だ。この言葉の通り、平尾氏を中心としたチームは、形にとらわれることなく、自由奔放でありながら合理的なラグビーで、当時は前人未踏と称えられた大学選手権3連覇を達成した。その自由でセオリーに囚われないラグビースタイルは、神戸製鋼にも引き継がれ黄金時代の礎となった。

 すでに黄金時代からは20年以上の時間が流れ、ワールドカップ日本大会を前に平尾氏が世を去ってからも3年が経つ。史上初のベスト8入りに挑戦する桜のジャージーを着る後輩たちを、元木氏は「昨年のイングランド戦とかを見る限りは、実力はあるなと思います。日本代表レベルは上がっているという期待感はありますよ」と前向きだ。

「僕らのときは世界にどうチャレンジするかという考えでやっていたけど、いまは世界にどう勝つかに変わってきている。世界がすごく身近になっている」

 平尾氏と共に戦い、見つめ続けていた“世界”を、いまの元木氏は、より近い位置で感じている。故人が思い描いた時代の鼓動が高鳴る中で、ワールドカップ日本大会は開幕を迎える。

平尾 誠二(ひらお・せいじ)
1963年1月21日京都市南区生まれ。現役時代のポジションはCTB、SO。京都市立陶化中からラグビーを始め、伏見工(現京都工学院)高では主将だった3年で全国制覇。同志社大では1年から主力メンバーとして活躍して、2年から大学選手権3連覇。神戸製鋼でも88年度から全国社会人、日本選手権7連覇を達成。19歳4か月という当時の最年少記録で日本代表入りして通算35キャップワールドカップには第1回から3大会に出場して、第4回大会は監督として采配を振るった。

元木 由記雄(もとき・ゆきお)
1971年8月27日大阪府東大阪市生まれ。現役時代のポジションはCTB。東大阪市立英田中から本格的にラグビーをはじめ、大阪工大(現常翔学園)高では2、3年で高校日本代表入り。明大に進学して1年から主力選手として活躍し、同2年で日本代表入り。ワールドカップには日本選手でただ一人4大会に出場。代表通算キャップは当時最多だった79。2010年3月に現役を引退し、U-20日本代表監督に就任。13年に京産大BKコーチに就き、15年からヘッドコーチ。現役時代のサイズは176cm、86kg。(吉田宏/Hiroshi Yoshida)

吉田 宏
サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表ブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

“ミスター・ラグビー”こと平尾誠二氏【写真:Getty Images】