不二家(本社:東京都文京区)は、2019年8月1日からビスケット菓子「カントリーマアム」の専門店「COUNTRY MA'AM TOKYO PREMIUMカントリーマアム トーキョウ プレミアム」をJR東京駅の商業施設「東京駅一番街」の「東京おかしランド」に期間限定出店する。

カントリーマアムが1984年の発売開始から35周年を迎えることを受け、黒のカントリーマアムや、通常サイズの17倍の重量を持つ特大カントリーマアムといった「プレミアム品質の進化系カントリーマアム」を限定販売する。

特大カントリーマアムは「通常の約17倍」の重さ

カントリーマアムブラック」(5個入、税込1080円)は、ベルギーチョコレート使用のあんをブラックココアの生地で包んだ「全身黒づくめ」の一品。不二家のリリースによると、「ラム酒が香るビターで濃厚な味わい」と、「しっとり柔らかな食感」が楽しめる。

ビッグカントリーマアム」(1個入、税込1296円)は、ナイフで切り分けて食べる1日20個限定の特大カントリーマアム。J-CASTトレンドが同社に取材すると、重さは通常のカントリーマアムの約17倍になるという。

また、バニラ味・ココア味のカントリーマアムをケーキ仕立てにした「カントリーマアムのバトンバニラココア)」(6個入、税込1080円)や、クリームチョコチップ入りクッキーサンドした「カントリーマアム ソフトサンドバニラ)」(5個入、税込918円)、チョコチップ入りパウンドケーキタルト生地で焼いた「カントリーマアムタルト」(5個入、税込1296円)も販売する。

ショップの出店は9月25日まで。<J-CASTトレンド>

東京駅にカントリーマアムのショップが出店