2軍担当者は「ファンサービスの一環として実施したい」

 ロッテ8月23日から行われるイースタン・リーグヤクルト3連戦でサマーユニホームを着用することを発表した。

 大好評だった2018年に引き続き、サーフブランド「BILLABONG(ビラボン)」がデザインを担当。デザインコンセプトは「TRADEWINDS(貿易風)」。この風がハワイにもたらす、素晴らしい自然や文化をヴィンテージ風に表現している。この夏、新たなサマーユニフォームが勝利の風を吹かせ、マリーンズに優勝という最高の歓喜をもたらすとのメッセージが込められているという。

 2軍担当者は「大好評のサマーユニフォーム夏休み最後の週末浦和開催の2軍戦でも着用することにしました。2軍ではサマーユニ着用の機会がないためファンサービスの一環として実施したいと思います」とコメントした。

 なお、1軍では7月17日・西武戦(メットライフ)、7月19日~21日・日本ハム戦(札幌D)、8月6日~8日・ソフトバンク戦(ZOZOマリン)、8月10日~12日・西武戦(ZOZOマリン)でサマーユニホームを着用する。(Full-Count編集部)

ロッテ、8月23日からの2軍戦でもサマーユニホームを着用へ【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】